WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

サムスン対アップルの特許訴訟 - オランダでは無線関連技術の特許をめぐり両社が応酬

2011.09.27

Updated by WirelessWire News編集部 on September 27, 2011, 13:51 pm JST

サムスン(Samsung)とアップル(Apple)は、世界各地であわせて20件以上の特許関連訴訟を争っているが、そのひとつとなるサムスンの無線関連特許に関する審問が、現地時間26日にオランダのハーグ法廷で行われた。

ハーグの裁判所では先ごろ、アップルが訴えたサムスンによる特許侵害が認められ、サムスンの「Galaxy S II」など3機種のスマートフォンの販売差し止め命令が下されていたが、この日始まった審理はこれとは別の訴訟で、サムスンが自社保有の無線技術関連の特許をアップルに侵害されているとして、iPhoneなど一部のアップル製品の販売差し止めを求める訴えを起こしていたもの。

この日の法廷で、サムスン側の弁護士は、2008年にアップルが「iPhone 3G」を投入した際、3G関連の技術ライセンスを同社から取得していなかったとし、「アップルは意識的かつ組織的にこの3G関連の特許を侵害」していると主張。それに対し、アップル側の弁護士は「携帯端末市場への参入時には、われわれは確かに特許ライセンスを取得していた」とし、iPhoneに搭載される関連チップの特許ライセンス料として1個あたり販売価格の2.4%を求めるサムスン側の要求を「まったく法外なもの」と反論したという。

さらにアップル側では、両社の間でいまなお3G関連のライセンス交渉が続いていることから、サムスンが求める差し止め請求は「時期尚早」とすると同時に、サムスンが権利を主張する特許は標準化団体により「公平で妥当かつ差別のない」(Fair, Reasonable and Nondiscriminatory:FRAND)やり方で他社にライセンス提供を行うことが義務付けられているものであるとして、同社の主張の無効を訴えたという。この点についてサムスン側では、同社がアップルに対し、関連する特許を一括もしくは個別にFRANDに沿った条件でライセンス供与することを申し出たものの、アップル側がこれを妥当でないとして突っぱねたと述べたという。

この話題を採り上げた9to5Macでは、FOSS Patentsのフローリアン・ミューラー(Florian Mueller)氏の見方が紹介されているが、それによると「3G関連の標準には数百から時には数千件の特許が関係しているため、チップ価格の2.4%というわずかな額でも、それが積み重なれば相当の負担になり得る」という。この見方を踏まえて、同ブログでは「われわれの目には、アップルが眠れる獣を起こしてしまったようにも見える」と記している。

同ブログによると、アップルは無線関連の部品をインテルとインフィニオンから購入しているため、サムスンへのライセンス料支払いは必要ないとしているという。ただし、今年1月にインテルがインフィニオンの無線チップ部門買収を発表するまで、アップルはインフィニオンからベースバンド・チップセットを調達していたが、この際インフィニオンではサムスンとライセンス契約を結んでいなかった点は重要と同ブログは付け加えている。

また、アップル側の弁護士は、サムスンが権利を主張する技術や特許はすでにインテルのチップセットに組み込まれている(=インテルがライセンス供与を受けている)と主張。これに対しサムスン側では、アップルには10社を超える部品サプライヤーがおり、どの部品がサムスンの特許を侵害しているかの見極めを難しくするためにアップルがこれを意図的に曖昧にしていると反論したという。

なお、この訴訟については現地時間10月14日に判決が出される予定で、そこでサムスンの主張が認められた場合はさらに審理が続けられることになるという。

【参照情報】
Apple: Samsung wants to charge 2.4 percent of chip price for every patent - 9to5Mac
Samsung Says Apple Infringes Its Third-Generation Patents 'Structurally' - Bloomberg
Apple-Samsung court hearings in South Korea, Australia and the Netherlands - FOSS Patents
「タダ乗り」は許さない - サムスン幹部、アップルへの攻勢本格化を示唆
世界各地に飛び火する、アップル対サムスンの法廷闘争 - 新たに仏、英でも
サムスン「Galaxy S II」など3機種、オランダで販売仮差し止めの判定 - 内容に分かれる評価
サムスン、アップルを提訴 - 無線通信関連の特許侵害の疑いで

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG