WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

AT&Tには「新興デバイス部門(Emerging Device Unit)」という事業部門があり、これまでにも無線機能つきの錠剤入れ、GPS機能付きの犬の首輪などを発表してきたが、今度はヘルスケア用のセンサーを内蔵した「服」を売り出そうとしているという。着ている人の心拍数、体温、その他の身体計測データを無線でアップロードする機能のある「服」は、スポーツ選手用にすでに実用化されている。Forbsなど複数の記事では、AT&Tストアで近日中にも販売されるかのように報じられたが、続報によれば販売時期などは未定で、少し先になりそうとのことだ。

Under Armor E39
201111101200-1.jpg

スポーツ選手用のセンサー付きウェアはアンダーアーマー社(Under Armor)のE39で、このウェアを着ると心拍、呼吸などがモニターされウェアの中に格納されて、スマートフォンなどを介してアップロードするというもの。現在、アメリカのプロフットボール(NFL)が試験導入中で、選手のコンディションを常時把握する実験を行っている。商用化は2012年の予定。AT&Tの、一般向けのセンサー付き「服」は、このE39に似た形状になるようで、通信モジュールは洗濯時などには脱着可能のようだ。

AT&Tのネットワークに接続されているデバイスの数は1400万台でキャリアの中で最大。最近の四半期には104万台増えている。普及率104%と1人1台を超えてしまった携帯電話の次にはデバイスの接続が急務であり、AT&Tは最近、子供を追跡するAmber Alert、GarminのGPSロケーターGTU10、シニア層向けのパーソナル・モニタリング機器などを矢継ぎ早にリリースしている。

また、AT&TはZephyr Technology社のBioHarnessという胸の辺りに巻くストラップも売り出している。こちらは服の下に装着するタイプ。FDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を得ているバージョンもあるBioHarnessは、心拍数などを測定するモニター装置で、Bluetoothなどで測定データを送信するというもの。

【参照情報】
AT&T To Sell Connected Clothing. Is The BioSuit Here?
AT&T to Begin Selling Clothing with Embedded Wireless Health Sensors
AT&T Plans To Sell Health-Tracking Clothing
AT&T Is to Sell 'Medical' Clothing
No, health sensing clothes aren't heading to AT&T stores
Under Armor社のE39
Zephyr Technology社のBioHarness

徘徊する患者が行方不明にならないように、FCCの承認を得たGPS内蔵の「靴」がアメリカで売り出されるという記事はこちら

予め「地図上でエリアを限定する仮想の壁(geofence)」を設定しておくと、警告通知が家族などに送られる。

アルツハイマー型認知症患者用のGPS内蔵の「靴」登場

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら