WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

横浜市営地下鉄でau Wi-Fi SPOTとUQ WiMAXが利用可能に、市営バスのWi-Fi実証実験も

2012.01.30

Updated by Naohisa Iwamoto on January 30, 2012, 17:56 pm JST

KDDIとUQコミュニケーションズは2012年1月30日、横浜市営地下鉄の駅などへのサービス拡大についてそれぞれ発表した。KDDIは、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を地下鉄駅構内で提供するほか、市営バスでもau Wi-Fi SPOTの実証実験を行う。UQは市営地下鉄の駅および列車内でのエリア整備を進める。

KDDIが提供するのは公衆無線LANサービスのau Wi-Fi SPOTで、1月30日から順次提供を開始する。1月30日時点では「センター北」「センター南」「新羽」「川和町」の4駅でサービスを開始。2月末までに「仲町台」「上永谷」「都筑ふれあいの丘」、3月末までに「中山」「下永谷」「高田」「日吉本町」「戸塚」「舞岡」の各駅でサービスを提供する。8月末までには、全40駅でau Wi-Fi SPOTを利用できるようにする計画である。

UQコミュニケーションズも横浜市交通局との合意に基づき、WiMAXサービスのエリア化を推進する。まず2月末に、「都筑ふれあいの丘」駅でWiMAXサービスを開始する。3月末までには、「中山」「下永谷」「高田」「日吉本町」「戸塚」「舞岡」をエリア化する。その後、あざみ野~港南台を結ぶ「ブルーライン」は6月末までに、日吉~中山を結ぶ「グリーンライン」は8月末までにサービスを順次開始する予定である。市営地下鉄野駅のうち、新羽、センター北、センター南、川和、仲町台、上永谷の6駅は地上駅であるためWiMAXサービスがすでに利用できる。

一方、横浜市営バスでもau Wi-Fi SPOTを使う実証実験を行う。期間は2月1日~4月30日を予定し、車内の安全性や利用マナーの確認のための実証実験としてサービスを提供する。対象路線は、観光スポット周遊バス「あかいくつ」と、市営バス111系統「上大岡駅前~港南台駅前」の2路線。一般の路線バスで公衆無線LANサービスを提供するのは、国内初の試みになるという。

【報道発表資料】
「横浜市営地下鉄」、「横浜市営バス」で快適インターネット(KDDI)
UQ WiMAXサービスの地下鉄エリア拡大について(UQコミュニケーションズ)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。