WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

HTC、高速起動カメラと高音質の「HTC One」シリーズ

2012.02.28

Updated by Naohisa Iwamoto on February 28, 2012, 08:00 am JST

MWC 2012のHTCブースでは、前日に発表されたばかりのスマートフォン「HTC One」が展示されている。キーワードは「Amazing Camera and Authentic Sound 」で、カメラと音のクオリティをアピールする。ハードウエアのスペックを競うというよりも、豊かなライフスタイルへの提案という印象が強い。

▼カメラがすぐに起動するHTC Oneシリーズ
20120227_HTC_001.jpg

HTC Oneシリーズは、ハードウエアスペックやデザインの違いにより「HTC One X」「HTC One S」「HTC One V」の3モデルを発表・展示している。HTC One Xは4.7インチの大画面ディスプレイを搭載。CPUには、投入する市場によりNVIDIAのTegra 3またはLTEに対応したQualcommのSnapdragon S4を採用する。HTC One Sは4.3インチのディスプレイにQualcommのSnapdragon S4を採用したモデル。HTC One Vは3.7インチのディスプレイを備える。いずれもOSはAndroid 4.0、HTC Sense 4.0を搭載する。

▼HTC Oneの高音質をアピールするブースの展示
20120227_HTC_002.jpg

カメラは起動から0.7秒で撮影が可能な高速起動と、0.2秒のオートフォーカスで、撮影したい瞬間を逃さない。実際にカメラのアイコンをタップしてみると、素早く撮影できる状態になることが実感できる。HTC One XとHTC One SにはF2.0と明るいレンズも搭載して、暗い場所などでもきれいに撮影できるようにした。動画撮影をしながらの静止画撮影も可能である。音質では、ヘッドホンブランドのBeats By Dr. Dre Audioとの連携により、高品質なサウンドを再現する。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。