WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ドコモとリンク・プロセシング、スマホ利用のクレジット決済ソリューションを共同展開

2012.09.11

Updated by Naohisa Iwamoto on September 11, 2012, 17:09 pm JST

NTTドコモとリンク・プロセシングは2012年9月11日、クレジットカードなどを利用した法人企業向けの決済ソリューションを協力して販売・推進していくと発表した。両者は資本提携の合意もしており、スマートフォンやタブレット端末を活用した決済を推進していく。

新ソリューションでは、NTTドコモのAndroid搭載スマートフォンやタブレット端末を利用して、クレジットカード決済やポイントカード、プリペイドカードなどの決済、領収書発行などが可能になる。持ち運べる端末で決済が可能になるため、レジカウンター以外での対面決済を実現できる。また領収書が発行できることから、外交員による決済ソリューションにも利用でき、業務改善やコスト軽減にもつながると見ている。

リンク・プロセシングは、スマートフォン決済サービス「Anywhere」を提供しており、今回の決済ソリューションはそのAndroid版をベースにして開発したもの。今後、両者は共同で銀聯カードや電子マネー、デビットカードによる決済など、新しい機能を開発する。さらに、スマートフォンやタブレット端末を利用したCRM(Customer Relationship Management)やクラウド利用のPOSシステムとの連携を容易にするツールを提供するなどして法人需要を喚起する。

決済ソリューションの利用料金はクレジットカード決済の場合で、初期費用がセットアップ費用として1台あたり5000円。カードリーダー兼プリンターはオープン価格で提供する。月額費用は、システム利用料が取引件数当たり20円(月額最低料金が1000円)。端末更新費用などは別途必要になる。利用できる端末は、Android 2.3.5以降のOSを採用し、Bluetooth機能を搭載したドコモのスマートフォンおよびタブレット端末。2011年11月にサービスを提供する予定である。

スマートフォンを活用したクレジットカード決済のソリューションは急速に提供が進んでいる。iPhoneを端末としたソリューションをカード事業者の三菱UFJニコスが提供しているほか、iPhoneやAndroidスマートフォンなどを端末として使うソリューションが多くのベンダーから提供されている。NTTドコモが主導権を握ってモバイル決済ソリューションの展開を進めることで、一層の市場の拡大が期待できそうだ。

【報道発表資料】
NTTドコモとリンク・プロセシングがスマートフォンを活用した法人企業向けクレジットカード等決済ソリューションの提供に合意

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。