WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDIの「Smart TV Box」、ジャパンケーブルネットが第一号商用化

2012.11.28

Updated by Naohisa Iwamoto on November 28, 2012, 19:28 pm UTC

JCN
201211281928.jpg

KDDIは2012年11月28日、同社が開発したAndroid 4.0搭載のセットトップボックス「Smart TV Box」を、KDDI傘下のケーブルテレビ事業者であるジャパンケーブルネット(JCN)が同日に提供開始したと発表した。JCNでは「JCNスマートテレビ」の名称で、セットトップボックスを使ったサービスを提供する。

Smart TV Boxは、日本ケーブルラボの技術仕様に準拠した、世界初のAndroid 4.0搭載セットトップボックス。地上デジタル放送やBS放送、ケーブルテレビ放送の受信に加え、LAN/WANおよびWi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)の通信機能を備え、インターネットを利用した各種のサービスも利用できる。ハードウエアの製造はパナソニックである。

Smart TV Boxを使うことで、テレビ放送だけでなくインターネットのコンテンツやAndroidアプリをテレビの大画面で楽しむことが可能になる。KDDIは、カレンダーやレシピ、ショッピング、フィットネス、教育などの生活密着アプリや映像系、音楽系のアプリなどをSmart TV Box向けに提供する。また、「auスマートパス」では100タイトル以上のアプリが、「Google Play」では200タイトル以上のアプリが、Smart TV Boxで利用できるという。

Wi-Fiの通信機能により、スマートフォンやタブレット端末との連携も高めた。Wi-Fiのアクセスポイント機能を備えることで、スマートフォンやタブレット端末を簡単にネット接続できるだけでなく、スマートフォンやタブレットをリモコンとして使える「Smart TV Remote」、Smart TV Boxの動画やゲームをスマートフォンなどで楽しめる「Connect Play」、Smart TV Boxで録画した番組をスマートフォンなどで視聴できる「Smart TV Remote DMC」といった機能を用意した。

JCNの「JCNスマートテレビ」は、テレビサービスとインターネットサービスが1つになった月額9450円の基本コース「スマートマックス」と、タブレット端末を同時に購入する月額1万1025円の「スマートマックス with タブレット」の2コースでサービスを提供する。KDDIでは、全国のケーブルテレビ事業者と協力して、Smart TV Boxを使ったサービスを全国展開していくとしている。

【報道発表資料】
「Smart TV Box」の提供開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。