WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

キングジム、Wi-Fiでデータ共有できる小型メモリー「パケッタ」を発売

2012.12.04

Updated by Naohisa Iwamoto on December 4, 2012, 18:10 pm JST

キングジムは2012年12月4日、周囲にいる人たちと簡単にデータを共有できるワイヤレス共有メモリー「パケッタ」を発売すると発表した。USBメモリーやインターネット接続環境がなくても、簡単に複数の人と無線でデータを共有できる。12月19日に発売を予定している。

20121204_kingjim001.jpg

パケッタは、「Wi-Fi通信機能を備えたUSBメモリー」と考えるとわかりやすい。パソコンにUSB接続したパケッタは、周囲にWi-Fiでネットワークを作る。専用ソフトをインストールしたパソコンや、専用アプリをインストールしたiPhoneやiPadなどのiOS機器が、パケッタが作るネットワークにアクセスしてデータを共有できるようになる。パケッタを持っている人同士がワンクリックで接続できる「かんたん接続」と、パケッタを持っていない人が専用ソフト/アプリからパケッタにアクセスするための「マイネット」の2通りの接続方法がある。パケッタにアクセスすると蓄積されたデータが確認でき、ドラッグアンドドロップでデータの受け渡しが可能になる。

1対1の受け渡しはもちろん、セミナーや講義などでのデータの配布や収集にも活用できる。Wi-Fiの方式はIEEE802.11b/g/nで、最大150Mbpsのデータ転送速度に対応する。インターネットを介してデータをやり取りするよりも、即座に短時間で共有できる可能性が高い。パケッタに保存したデータは、ボックスに分けて公開/非公開の設定が可能で、セキュリティも確保できる。本体は幅75×奥行き52×高さ20mmで重さは40gと小型軽量で、持ち運びにも不自由しない。電源はUSBバスパワー。同時接続数は32台となっている。

パケッタは容量により2モデルを用意する。ボディカラーがホワイトの8GBモデル「WS10-8G」が希望小売価格9870円、ボディカラーがブラックの16GBモデル「WS10-16G」が同1万4700円。

【報道発表資料】
ワイヤレス共有メモリ「パケッタ」発売

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。