WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

サムスン電子、iPad mini対抗の「Galaxy Note 8.0」を出展

2013.02.26

Updated by Naohisa Iwamoto on February 26, 2013, 07:00 am UTC

スペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress 2013(MWC 2013)のサムスン電子ブースは、発表したばかりのタブレット端末「Galaxy Note 8.0」のタッチ&トライをしようとする来場者で文字通り黒山の人だかりとなっている。テレビに接続して使う「Home Sync」と呼ぶAndroid搭載のメディアセンターもお目見えした。

▼8インチディスプレイを搭載する「Galaxy Note 8.0」20130225_samsung001.jpg

Galaxy Note 8.0は、iPad miniを意識したとみられる8インチディスプレイを搭載したタブレット端末。デザイン的にはGalaxy Note IIを大きくしたような形状で、最近のGalaxyシリーズの製品とひと目でわかるもの。ボディーサイズは210.8×135.9×7.95mmと、7.9インチのiPad miniよりも各方向に少しだけ大きい。iPad miniの7.2mmの薄さには届かないが、実物を持つ限りでは十分に薄い。ディスプレイの解像度は1280×800ドットで、Sペンでの操作が可能だ。CPUは1.6GHzのクアッドコア、OSはAndroid 4.1.2を採用する。カメラは500万画素と130万画素、バッテリー容量は4600mAhとなる。2013年第2四半期に全世界で発売するという。

▼テレビ画面下のボックスが「Home Sync」。手前のGalaxyから操作できる20130225_samsung002.jpg

Home Syncは、1TBのハードディスクを備えたメディアセンター。説明員によれば、2013年4月にも米国などで発売する計画だという。1.7GHzのデュアルコアCPUを搭載し、Androidを搭載した端末としてテレビにさまざまなコンテンツを映し出すことができる。操作はGalaxyシリーズのスマートフォンと連携して、画面上に表示したタッチパッドを指でなぞったり、スマートフォンを動かしてテレビ画面上のポインターを操ることができる。また、Galaxyの画面をテレビの大画面に映し出す、「スクリーンミラーリング」にも対応する。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。