WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

通話コスト削減が可能な企業向けのスマホIP電話ソリューション、トランスコスモスらが提供

2013.04.04

Updated by Naohisa Iwamoto on April 4, 2013, 18:32 pm JST

トランスコスモスと日本エヴィクサーは2013年4月4日、iPhoneおよびAndroid端末向けのIP電話ソリューション「トランスコスモス IP Phone」を4月5日から提供すると発表した。企業向けのIP電話アプリを低価格で開発・提供し、導入企業の通話費用削減や顧客満足度の向上につなげる。

トランスコスモス IP Phoneでは、顧客企業のニーズに応じたIP電話アプリを開発し提供する。顧客企業独自のスマートフォン向けIP電話アプリを開発するほか、顧客企業が提供しているスマートフォンアプリにIP電話による無料通話機能を組み込むことも可能。例えば、コールセンターへの問い合わせボタンを企業が提供するアプリに実装することでIP電話による無料通話が可能になり、エンドユーザーの通話料負担をなくしたり、企業側のフリーダイヤル費用を削減したりできる。また、GSM方式の音質を向上させた独自開発の音声圧縮技術「KOGSM方式」を採用することで、電波状態が悪いような場合でも高品質な音声通話ができるようにしたという。

トランスコスモス IP Phoneには3つのメニューを用意する。「IP Phone FOR コールセンター」は、前述のようにコールセンターへの問い合わせをIP電話化することで費用削減を狙うもの。「IP Phone スタンダード」は、無料通話用の自社アプリをユーザーに配布することで顧客の囲い込みや顧客満足度を高める効果を狙うもの。「IP Phone+050番号」は、主にBYODを活用した企業内の通話費用削減を狙うもの。社員はアプリの無料通話を使うだけでなく、「050」番号を付与することで固定電話や携帯電話にも低コストで通話ができるようになる。

参考として示された提供価格は、コールセンターフリーダイヤルかけ放題サービスの場合で1回線当たり月額3万円から。BYODサービスの場合で、1回線当たり月額500円から。

【報道発表資料】
トランスコスモスとエヴィクサー、iPhone、Android向けIP電話ソリューション「トランスコスモス IP Phone」の提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。