WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ソフトバンク、韓国SK TelecomとLTEの国際ローミングを開始

2013.09.11

Updated by Naohisa Iwamoto on September 11, 2013, 17:03 pm JST

ソフトバンクモバイルは2013年9月11日、LTEの国際ローミングを韓国のSK Telecomとの間で開始すると発表した。FDD-LTEネットワークの国際ローミングで、ソフトバンクモバイルによれば国内事業者で初めてとなるという。

LTEの国際ローミングを開始するのは9月13日から。これまでの3GやGSM方式による国際ローミングよりも高速なデータ通信が可能になる。ソフトバンクモバイルでは、韓国のSK Telecomでサービスを開始し、順次対象エリアを拡大していくという。国際ローミングを利用できるのはFDD-LTEに対応した機種で、具体的にはiPhone 5以降が対象となる。ソフトバンクモバイルのAndroidスマートフォンはAXGP方式のSoftBank 4Gを採用しているため、FDD-LTEの国際ローミングはできない。

SK Telecomは海外でのパケット通信を定額で利用できる「海外パケットし放題」対象事業者で、LTEによる国際ローミングでも日額最大2980円の海外パケットし放題が適用になる。

【報道発表資料】
国内携帯電話事業者初! LTE国際ローミングを開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。