WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

モバイルデータ通信端末の満足度はドコモが5年連続トップ--日経BPコンサルティング

2013.05.27

Updated by WirelessWire News編集部 on May 27, 2013, 20:23 pm JST

日経BPコンサルティングは2013年5月27日、モバイルデータ通信端末のユーザー調査の結果、総合満足度はNTTドコモが5年連続で1位だったと発表した。ドコモは総合満足度に加え、個別の調査項目10項目のうち5項目で1位となった。

調査は、PCカードタイプ、CFカードタイプ、USBタイプ、ExpressCardタイプ、「Pocket WiFi」などのモバイルWi-Fiルータータイプなどの「モバイルデータ通信端末」の利用に関する満足度を調査したもの。今回で5回目の調査となり、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、UQコミュニケーションズ、ウィルコムの6社を対象とした。

総合満足度は、NTTドコモが5年連続で首位。2位は僅差でKDDIが続いた。以下、イー・アクセス、UQコミュニケーションズ、ウィルコム、ソフトバンクモバイルの順となった。NTTドコモに対する総合満足度以外の調査項目の結果を見ると、「通信エリアの広さ」が「都市部」「郊外」「屋内」の3項目ですべて1位となった。このほか、「販売店・ショップ店員の対応」と「アフターサービス・サポート」を加えた5項目で満足度の首位を確保した。

総合満足度で2位のKDDIは、「データ通信速度」「通信品質」「月額利用料金/料金プラン/割引サービス」の3項目が首位になった。「端末の価格」以外はすべて2位以内にランクインする安定した満足度が特徴だ。総合満足度3位は前回から順位を1つ上げたイー・アクセス。満足度1位はなかったが、10項目中7項目で3位以内に入る健闘を見せた。

調査の名称は「第5回 モバイルデータ通信端末満足度調査」で、2013年4月16日~24日にWebアンケートで満足度を調査した。回答者はデータ通信端末ユーザーの2435人。

【報道発表資料】
NTTドコモが5年連続 顧客満足度ナンバーワン

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら