WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

UQ、WiMAX 2+サービスを2013年10月末より110Mbpsで開始

2013.07.29

Updated by Asako Itagaki on July 29, 2013, 18:19 pm UTC

7月29日、UQコミュニケーションズは、2.5GHz帯の新規周波数に対して申請していた特定基地局開設計画の認定を受けたことに伴い、現在使用中の30MHzに隣接する20MHzを合わせた連続50Mzを使用した超高速モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」サービスの提供を2013年10月末に開始することを発表した。開始当初は110Mbpsでサービスを提供し、キャリアアグリゲーション(参考情報)、256QAM変調方式、8×8MIMO(参考情報)などの高度化技術の導入により、2017年には下り1Gbpsを超える超高速モバイルブロードバンドサービスの提供を目指す。

エリアについては既存WiMAXサービスのエリアに重ねる形でWiMAX 2+のエリアを展開する。端末はWiMAXとWiMAX 2+の両方が利用可能な端末を提供する。既存のWiMAXユーザーは引き続きサービスを利用できる。

WiMAX 2+は、2012年10月にWiMAX Forumが発表した規格「WiMAX Release 2.1」に対応するUQコミュニケーションズのサービス名。TD-LTEの無線とコアネットワークの仕様の一部を取り入れることで、TD-LTE方式との互換性を確保し、かつWiMAXとのシームレスなサービスを維持する。

【報道発表資料】
2.5GHz帯新規周波数割当てに伴うWiMAX 2+サービスの提供開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。