WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

NTTぷららがソーシャル機能「わいわいビデオ」、AKB48やミクの番組から提供

2013.08.08

Updated by Naohisa Iwamoto on August 8, 2013, 21:52 pm UTC

NTTぷららは2013年8月8日、テレビ向けの映像配信サービス「ひかりTV」のビデオサービスにソーシャル機能「わいわいビデオ」を追加し8月23日に提供を始めると発表した。

わいわいビデオは、ひかりTV加入者が、対象作品を視聴中に「面白い」「ステキ!」といった感情を表すスタンプやテキストを簡単に投稿でき、タイムライン上で他のユーザーと共有できる機能を提供する。利用法は2種類ある。

1つはひかりTV対応トリプルチューナー(ST-3200)を利用しているユーザーで、対象作品をテレビで再生中にリモコンの操作でわいわいビデオを楽しめる。タイムラインで他のユーザーと感情を共有できるだけでなく、画面上に示される投稿数のグラフでシーンの盛り上がり具合を確認してその部分だけを再生することもできる。

もう1つは、ひかりTV対応シングルチューナー(PM-700、ST-770、M-IPS200)を利用しているユーザー。Android端末向けの専用アプリ「りもこんプラス」をスマートフォンやタブレットにインストールすることで、テレビで再生中のビデオ作品と連携させてスマートフォンなどの画面でわいわいビデオを楽しむことができる。アプリはAndroid版に続いてiPad、iPhone向けの提供も予定しており、提供日が決定したら同社のWebサイトで告知する。

提供開始時には、ひかりTVの人気オリジナル番組「AKB48コント『何もそこまで・・・』」や「初音ミクの ミクミクメイクミク!」などの番組から対応を始める。今後、対象作品を順次拡充する計画だ。

【報道発表資料】
ソーシャル機能「わいわいビデオ」の提供開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。