WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

iPhone対Galaxy、スマートフォン・ユーザー比較(米CIRP調査)

2013.08.21

Updated by WirelessWire News編集部 on August 21, 2013, 12:44 pm UTC

米調査会社CIRP(Consumer Intelligence Research Partners)が行った米国のスマートフォンユーザーを対象にした調査によると、iPhoneユーザーの20%がAndroidからの乗り換え組であるのに対し、iPhoneからサムスン(Samsung)製スマートフォンに乗り換えたユーザーは全体の7%に過ぎないという。

201308211244.png
[Apple 2.0(Fortune)]

また、iPhoneユーザーの42%は別のiPhone(旧機種)からのアップグレードであるのに対して、別のAndroidスマートフォン(他社製品を含む)からGalaxyにアップグレードしたと答えたユーザーは43%。いっぽう、はじめてスマートフォンを購入したユーザーについては、Galaxyを選んだ回答者が37%にiPhoneを選んだ回答者は26%、といった結果になっている。この話に触れたFortuneでは、GalaxyユーザーのなかにはHTCやモトローラ(Motorola)、ノキア(Nokia)などからの乗り換えが比較的多いのに対し、iPhoneユーザーの間では、ブラックベリー(Blackberry)からの乗り換えが比較的多いと記している。

またユーザーの年齢、収入などについては下掲のグラフの通りで、GalaxyユーザーよりもiPhoneユーザーのほうが所得、教育水準ともに高く、年齢も若いといった傾向が見られたという。なお、CIRPの調査は2012年7月から2013年6月にかけて複数回実施されたもの。

201308211245.png
[Apple 2.0(Fortune)]

【参照情報】
CIRP survey: Where Apple and Samsung get their customers - Apple 2.0 (Fortune)
Apple snagged 20 percent of its iPhone buyers from Android - CNET
CHART OF THE DAY: iPhone Buyers Are Younger, Richer, And Better Educated Than Samsung Smartphone Buyers - Business Insider

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら