WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

Airbnbをつかってみた

2013.11.19

Updated by Mayumi Tanimoto on November 19, 2013, 08:03 am JST

イギリスは島国なんですが、飛行機を使うと片道1ー2時間程度で欧州大陸の国に移動することが可能です。激安エアなら片道5000円から高くても2万5千円程度なので、日本だと国内旅行する感覚です。フェリーでオランダ、ユーロスターでフランスまで行けちゃったりもするので、外国行く敷居がかなり低いんです。

イギリスを含め欧州では長期休暇を取るのが当たり前だったり、在宅勤務とか、フリーランスで働いてるという人も結構いるので、国をでてしばらく他の国に長期滞在するというのも全然珍しくありません。長期休暇って最低で2週間ぐらいですかね。

滞在先としてアパートを借りることも多いんですが、最近欧州でも人様のアパートを間借りすることができるAirbnbが流行っています。アパートメントホテルに滞在するという手もあるんですが、インテリアが素っ気なかったり、場所が郊外にあったりして不便だったりするんです。

一方、Airbnbで借りる普通のアパートだと、交通の便が良かったり、近くにスーパーがあったりして便利なんです。値段もアパートメントホテルの半額以下だったりします。

Airbnb、日本ではまだまだマイナーですが、なかなか便利です。まず人様のレビューを参考に物件を選べば失敗がありません。大家さんは、実際にそこに住んでいる人だったり、以前住んでいた人だったりするので、地元の情報に詳しい上、良い人に当たると、食器から調味料から洗剤からすべてそろっているので世話なしです。

さらに、住宅地にある物件を選べるのもかなり助かります。住宅街は基本的に静かな上環境が良いので、ワタクシとか家人の様に、昼間は執筆したり、データ解析している人間には助かります。市街地はどうも落ちつきませんしね。

さて、今月はAirbnb使ってハンガリーに滞在しております。大家さんはイケメン30代ハンガリー人のBさん。Bさんはかなり律儀な感じの人で、到着日にはアパートを隅から隅まで丁寧に紹介して下さった上、到着のお祝いのワインやら、観光案内まで用意してくれていました。時々携帯に連絡が入り「邪魔してもうしわけありませんが。。。。大変重要なことを言うのを忘れていました!水道水は飲んでも平気です」「困ったことはないですか」などのフォローが入ります。律儀な感じが、中欧の人だなあですね。(いい加減なラテンと大違い)

物件は70平米ぐらいのワンルームアパートで一泊2500円ほど、一ヶ月にすると8万円ぐらいです。ニューヨークのホテル風のインテリアで、洗剤から歯磨き粉までそろってますが、アパートメントホテルの半額以下という破格値。西駅近くで、湯治で有名なルカーチ温泉まで徒歩、ブダペストで一番でっかいショッピングモールにも徒歩なのでかなり便利です。(実は今回滞在の目的は湯治)

欧州にも短期中期の不動産賃貸を仲介するサイトはあったのですが、割高な上、物件の細かい情報が載ってなかったりして、ちょっと博打的な感じがありました。しかも最低7泊からなんて物件が多いのも不便。雑誌の広告や掲示板で借りるって方法もありましたが、支払いや交渉で揉めたりと(しかも現地語だから悪夢)えらく不便でした。サイト上で支払いが完了しちゃうのも助かります。海外だと送金とか、現金で払えとか、小切手で払えとか面倒なのですよ。

Airbnbが革命的なのは、大家さんから直接借りることが可能なので割安、一泊から貸してもらえる物件もある、家やアパート丸ごとだけではなく家の中の一部屋だけを借りることも可能、過去滞在した人のレビューが乗ってるので物件選ぶのに便利、支払いがサイトで完了、川に浮かんでる屋台船(こっちではハウスボートという)、風車小屋、山小屋、ヨットなど変わった物件を借りることも可能、という点です。長期賃貸も不可能ではないので、そのうちどっかの不動産仲介サイトは潰れちゃうんじゃないですかね。

物価の安い国だと、一泊1500円とか2000円とか、ネカフェとかホステルに宿泊するのと変わらない値段で、オサレなアパートに滞在できるので、旅行者や出張族の皆さん検討してみたらいかがでしょう。

欧州で外子籠もりしたい人にもお勧めですよ。東欧とかギリシャ、スペインの田舎、マルタだと、自炊すれば東アジアとはそれほど変わらない費用で滞在できる上、(自炊なら食費は安いです)、激安エアで欧州の観光地回れますからお勧めです。(元気な方はバスでどうぞ。ワタクシはもう引退いたしました)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

谷本 真由美(たにもと・まゆみ)

NTTデータ経営研究所にてコンサルティング業務に従事後、イタリアに渡る。ローマの国連食糧農業機関(FAO)にて情報通信官として勤務後、英国にて情報通信コンサルティングに従事。現在ロンドン在住。