WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ソフトバンク、4月21日提供予定の「スマ放題」の提供を延期

2014.04.18

Updated by Naohisa Iwamoto on April 18, 2014, 18:25 pm UTC

ソフトバンクモバイルは2014年4月18日、音声通話とパケット通信をパックにした新サービスとして4月21日に提供を始める予定だった「スマ放題」の提供開始時期を変更すると発表した。

スマ放題は、当初1月24日に発表。VoLTE時代を見据えた革新的な新定額サービスと銘打って、音声通話とパケット通信の一定の量の料金を含んだ3種類のパック料金を用意した。パックSには3分以内の通話が月間50回、パックMとパックLには5分以内の通話が月間1000回含まれ、「実質的なかけ放題を実現」できるとしていた。

4月1日には、サービス名称を「スマ放題」と発表した。同時に、「発表後にお客さまからいただいたさまざまなご意見を踏まえ、内容を改定すること」とし、定額内で利用できる通話時間をパックSでは5分以内、パックMとパックLでは10分以内に延長するなどの修正を加えた(関連記事:ソフトバンク、"新定額サービス"に通話時間を伸ばすなどの改定を加え、「スマ放題」として4月21日に開始)。

しかし、NTTドコモが4月10日に新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を発表したことで雲行きが変わった(関連記事:ドコモ、音声定額とパケットシェアを軸にした新料金体系を発表)。ドコモの新料金プランは、国内の通話は基本料金内で本当に「かけ放題」にできるため、ソフトバンクの「実質的なかけ放題」といううたい文句と料金体系が競争力を失っていた。ソフトバンクでは「競争環境の変化に鑑み、提供開始時期を変更」し、「詳細は決まり次第お知らせ」するとしている。

【報道発表資料】
「スマ放題」提供開始時期の変更について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。