WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ノキア、新CEOにNSNのラジーブ・スリ氏を指名 - 新戦略を発表

2014.04.30

Updated by WirelessWire News編集部 on April 30, 2014, 12:30 pm JST

フィンランドのノキア(Nokia)は欧州時間29日、同社の新たなCEOとして、これまで同社のネットワーク部門NSNを率いてきたラジーブ・スリ(Rajeev Suri)氏を指名。またマイクロソフト(Microsoft)へのデバイスおよびサービス部門の売却が完了したことをふまえ、株主配当や株式買い戻し、債務削減などを含む新たな戦略を発表した。

スリ新CEOは、ノキアのネットワーク部門に約20年間在籍し、戦略から買収合併、セールス・マーケティングまで多岐にわたる業務を経験、2009年から同部門のトップを務めてきた人物。同社によれば、スリ氏のCEO就任は5月1日付で、同時にこれまで同社のCEOを務めていたステファン・イーロップ(Stephen Elop)氏をはじめとする複数の幹部がマイクロソフト(Microsoft)に移籍する。そのほか、一部の幹部社員のノキア退社も発表されている。

ノキアでは今後、ネットワーク部門とマップ関連部門、研究開発・特許関連部門の3つが事業の柱となる。そのなかで収入の大半を稼ぎ出すのはネットワーク部門だが、同社ではマップ部門や研究開発・特許関連部門への投資も引き続き行っていくという。

いっぽう、株主への利益還元、自社株式買い戻し、債務削減については総額50億ユーロ(69億ドル)を充てる予定。具体的には、通常の株主配当金に11億ドル、特別配当金に13億8000万ドル、自社株式買い戻しに17億ドルをそれぞれ充てる予定で、さらに2016年第2四半期までに30億ドルの債務削減を行う計画だという。

同日発表された第1四半期の決算(端末部門を除く)は、売上が26億6000万ユーロ(36億8000万ドル)で前年同期比15%減少し、Bloombergのアナリスト予想28億5000万ユーロを下回った。また、NSNの売上は前年同期比17%減の23億3000万ユーロとなったものの、粗利率は39.6%で前年の34%から改善したという。

なお、一連の発表を受け、ノキアの株価は急上昇。Bloombergによれば、一時7.9%の上昇となったという。

【参照情報】
Nokia Announces New Strategy and Chief Executive - NYTimes
Nokia Names Suri CEO to Revive Mobile Pioneer Without Phones - Businessweek
With Microsoft Deal Done, Nokia Names Rajeev Suri CEO, $6.9 Billion in Buybacks, Dividends and Debt Cuts - Re/code
Nokia's First Quarter Revenue Slips - WSJ
Nokia Shares Jump After Suri Named CEO to Steer Networks Growth - Bloomberg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG