WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Twitter、音楽共有サービス「SoundCloud」の買収を検討か(Re/code報道)

2014.05.20

Updated by WirelessWire News編集部 on May 20, 2014, 13:18 pm UTC

ツイッター(Twitter)が音楽共有サービスのサウンドクラウド(SoundCloud)買収を検討しているとする情報筋の話を、Re/codeが米国時間19日に報じた。実現すればツイッターにとって過去最大の買収案件となる可能性があるという。

サウンドクラウドはベルリンに本拠地を置く音楽サービスで、「音楽に特化したYoutube」と喩えられることも多い。同サービスでは、ユーザーがアップロードした音楽ファイルをストリーミング再生したり、ダウンロードすることが可能で、インディーズのミュージシャンやDJなどを中心に利用が広がっている。また、同サービスはツイッター上での音楽ストリーミングサービスへのリンク数でスポティファイ(Spotify)などの他のサービスをおさえてトップに立っているという。

サウンドクラウドによれば、2007年にスタートした同サービスのユーザー数は2013年10月時点で2億5000万まで増加。また同社が今年はじめに6000万ドルを資金調達した際には、推定7億ドルの評価額が付けられていたという。

ツイッターは2012年に、やはり音楽関連サービスのWe Are Hauntedを買収。また昨年には独自の音楽アプリをリリースしていたが、ユーザーの反応は芳しくなく、今年3月には同アプリの提供を終了していた。

Re/codeでは、ツイッターによるサウンドクラウド買収の可能性について、新たなユーザー層を掘り起こすきっかけに成り得るとするいっぽう、サウンドクラウドが現状大手音楽レーベル各社とライセンス契約を結んでいない点に触れて、買収実現をきっかけに正式な契約締結に向けたプレッシャーが高まるとも指摘している。

【参照情報】
Twitter Is Considering a Deal to Buy SoundCloud - Re/code
Twitter reportedly considering a bid to buy SoundCloud - GigaOM
Twitter Reportedly Aims To Make Some Noise With A SoundCloud Bid - ReadWrite

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG