WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

米FCC委員長、携帯通信各社による「使い放題」加入者への速度制限に物言い

2014.08.11

Updated by WirelessWire News編集部 on August 11, 2014, 14:50 pm JST

容量無制限のデータプランに対する速度制限をめぐって、米連邦通信委員会(FCC)のトム・ウィーラー(Tom Wheeler)委員長がベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless:以下、ベライゾン)をはじめとする米国の大手携帯通信事業者各社に説明を求めているという話を複数の媒体が報じている。

この問題はベライゾンが先月、容量無制限のデータプランを利用するユーザーのうち、もっともデータ消費量が多い上位5%のユーザーを対象として、10月1日から速度制限を行うと発表したことに端を欲するもの。ウィーラー委員長は一部のプランのユーザーだけを対象としたこの施策に重大な懸念を表明。いっぽう、ベライゾン側では同施策が合法的なものであり、他の大手携帯通信事業者各社も同様の措置を講じているなどと反論していた。

それに対し、ウィーラー委員長は米国時間8日にさらなる反論を展開。「『みんなやっているから』という子供のような言い訳は通用しない」などとし、FCCがすべての大手携帯通信事業者に対して、無制限プランへの速度制限の基準に説明を求めていることを明かした。また、この問題が技術やエンジニアリング上の問題ではなく、プランによってユーザーを差別するようなことにつながるビジネス上の問題になりつつあるとも語ったという。

【参照情報】
FCC chairman asks other US carriers to justify data throttling policies - The Verge
After Verizon, U.S. FCC quizzing other carriers on data management - Reuters
FCC to Verizon: 'All the kids do it' is no excuse for throttling unlimited data - Washington Post

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG