WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

反撃に転じるスプリント - 新ファミリープランを発表、データ量を他社の倍に

2014.08.20

Updated by WirelessWire News編集部 on August 20, 2014, 12:09 pm UTC

米携帯通信市場3位のスプリント(Sprint)は現地時間19日、同社がこれまで提供していたファミリープランに代わる新たな料金プランを発表した。

このファミリープランは、毎月100ドルの料金で20ギガバイトを最大10回線で共有できるというもの。ただし、これは他社から番号そのままで乗り換えるユーザーに限られており、今年9月末までの申し込みで、2015年末までの適用となる(以降は1回線ごとに15ドルのアクセス手数料が必要。これには回線あたり2ギガのデータが追加される)など種々の条件がある。

いっぽう、既存ユーザー向けのファミリープランは、毎月160ドルで20GBを最大4回線で共有できるものとなり、これはベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless)やAT&Tなどに比べて2倍のデータ量となっている。

なお、同社がこれまで提供していた、家族や友人などのグループで参加することで各々がディスカウントを受けられる「Framily」プランについては、来週以降は新規受付を終了するという(ただし、既存のグループへのメンバー追加は今後も認める予定)。

このほか、スプリントは他社からの乗り換えにかかる契約解除金を最大350ドルまで支払うことも新たに明らかにしている。

スプリントは今月はじめ、米携帯通信市場4位のT-モバイル(T-Mobile USA)の買収を断念すると同時にマルセロ・クラウレ(Marcelo Claure)氏が新たなCEOに就任し、新たな価格競争を仕掛けると宣言していた。


[Sprint Drops `Framily' to One-Up Rivals - Bloomberg TV]

【参照情報】
Sprint Launches New Price War, Debuts $100 Family Plan - Re/code
Sprint New CEO Drops Framily, Offers More Shared Data - Bloomberg
Sprint finally gets serious, unveils more competitive family plans - BGR

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG