WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDI、超高感度カメラ搭載「Xperia Z3」、右サイドに情報表示可能な「GALAXY Note Edge」を市場投入

2014.09.24

Updated by Naohisa Iwamoto on September 24, 2014, 18:45 pm UTC

KDDIは2014年9月24日、スマートフォンの「Xperia Z3」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)と「GALAXY Note Edge」(サムスン電子製)と、タブレットの「GALAXY Tab S」(サムスン電子製)の計3機種の新製品を発表した。スマートフォン2機種は10月下旬以降、タブレットは12月上旬に発売する予定だ。

「Xperia Z3 SOL26」はドイツ・ベルリンで9月初頭に開催された家電展示会「IFA 2014」に際して発表されたソニーモバイルコミュニケーションズのフラッグシップモデルのau版。5.2インチのフルHD(1920×1080ドット)ディスプレイを搭載しながら、幅72mmのコンパクトさと7.3mmの薄さを実現した。最大のISO感度が12800と、従来機のXperia ZL2の2倍の超高感度撮影が可能なカメラを採用。歩きながら撮影する動画でも手ブレを強力に抑える「インテリジェントアクティブモード」も搭載した。音楽再生では、従来機は外部アンプが必要だったハイレゾ再生を本体だけで可能にした。さらに、手持ちのMP3などの音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする独自技術「DSEE HX」を搭載した。LTEのキャリアアグリゲーション(CA)、WiMAX 2+に対応。ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイ/NFC、防水/防塵に対応する。

▼5.2インチ液晶を搭載しハイレゾ再生が単体で可能な「Xperia Z3」20140924_kddi001.jpg

「GALAXY Note Edge SCL24」もIFA 2014に合わせて発表された最新モデルのau版。ディスプレイを曲面構成にすることで、右サイドまで回りこませた新しいスタイルを採用する。ディスプレイは5.6インチの有機EL「Super AMOLED」。2560×1440ドットのQHDをさらに右サイドに曲面で延長したQHD+の解像度を備える。曲面部分を「エッジスクリーン」と呼び、メインの画面と独立した表示が可能。アプリの一覧や操作パネルの表示、情報の表示などを自在に行える。カメラは自分撮りを意識し、サブカメラにF1.9と明るく約370万画素と高精細のカメラを搭載。90度の画角で広く自分撮りが可能なほか、120度まで写せる「ワイド自分撮り」機能も備えた。Sペンも1024段階から2048段階へと感度が向上したほか、パソコンのマウスのようにスムーズな操作が行える機能アップを果たした。ハイレゾの本体再生、手持ちの音源のハイレゾ相当再生も可能。LTEのキャリアアグリゲーション(CA)、WiMAX 2+に対応するほか、ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイ/NFCに対応する。

▼右サイドに回り込んだ曲面液晶を搭載する「GALAXY Note Edge」20140924_kddi002.jpg

「GALAXY Tab S SCT21」は、すでにサムスン電子がWi-Fi版を国内販売している薄型軽量タブレットのLTE対応版。LTEのキャリアアグリゲーション(CA)、WiMAX 2+にも対応し、出先でも自在に高速な通信を利用できる。ディスプレイは10.5インチのWQXGA(2560×1600)の有機EL「Super AMOLED」を搭載し、従来型の液晶の約100倍の高コントラストを達成した。また大画面ながら、6.6mmの薄さ、467gの軽量を実現した点も特徴である。GALAXYシリーズのスマートフォンとWi-Fiダイレクトで接続して、「GALAXY Tab S」からスマートフォンを操作可能な「SideSync」機能を搭載する。ワンセグ/フルセグ、NFCに対応する。

同時に、腕時計型のウエアラブル端末もau公式アクセサリー「au +1 collection」として発表された。ソニーモバイルコミュニケーションズからは、スマートフォンと連携して各種通知を確認できるほか、目的地までのルート案内も可能なAndroid Wear搭載の「SmartWatch 3」がラインアップ。サムスン電子からはGALAXYシリーズのスマートフォンと連携して通話や各種通知の確認が可能な腕時計型端末「Gear S」がラインアップに名を連ねた。

【報道発表資料】
Xperia (TM) の最新モデル「Xperia (TM) Z3 (エクスペリア ゼットスリー)」が登場
曲面ディスプレイ「エッジスクリーン」を採用した「GALAXY Note Edge (ギャラクシーノートエッジ)」が登場! 新しいカタチでプレミアムな使い方を。
圧倒的な色彩! 「Super AMOLEDディスプレイ」を搭載した薄型軽量10.5インチタブレット「GALAXY Tab S」が登場

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。