WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アンリツ、LTE-Advancedの3キャリアアグリゲーションのデータ通信に成功

2014.12.16

Updated by Naohisa Iwamoto on December 16, 2014, 19:24 pm UTC

アンリツは2014年12月16日、米Qualcomm Technologiesと共同で行った検証で、LTE-Advancedの3キャリアアグリゲーションを利用したデータ通信に成功したと発表した。アンリツによれば、3キャリアアグリゲーションの通信の成功は業界で初という。

キャリアアグリゲーションは、複数の周波数帯を組み合わせて広い帯域幅で通信する技術。2つの周波数帯を組み合わせた2キャリアアグリゲーションは、国内でもKDDIが商用化を開始している。2キャリアアグリゲーションでは、下り最大300Mbpsのデータ通信が可能だが、3キャリアアグリゲーションにより下り最大450Mbpsのデータ通信が可能になる。

今回の共同検証は、Qualcomm Technologiesが開発したLTE-Advancedの3キャリアアグリゲーションに対応したモデムをモバイル通信端末に搭載し、アンリツの基地局シミュレータ「MD8430A」と検証用のテストケースを作成するツール「ラピッドテストデザイナ(RTD)」で実施した。共同検証により、下り450 Mbps、上り50 Mbpsの高速データ通信に成功した。アンリツは、今回の共同検証の成果を活かし、MD8430AによるLTE-Advanced 3キャリアアグリゲーション試験ソリューションの商品化を推進するという。

【報道発表資料】
LTE-Advanced 3 キャリアアグリゲーション端末とのデータ通信に成功

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。