WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

グーグル、「Google Glass」の試験プログラムを終了 - トニー・ファデル氏統括で仕切り直しへ

2015.01.16

Updated by WirelessWire News編集部 on January 16, 2015, 15:13 pm UTC

グーグル(Google)は米国時間15日、同社が開発を進めているメガネ型情報通信端末「Google Glass」(以下、Glass)について、研究開発部門「Google X」での開発者向け試験プログラム「Explore Program」を終了すると発表した。これにともない同端末の「Explore Edition」の販売も1月19日で終了になるという。

グーグルは今後も「Glass」の開発を続けていくとしており、企業向けの開発プログラムである「Glass at Work」についても継続していく予定という。また昨年から責任者を務めてきたアイヴィー・ロス(Ivy Ross)氏も残留するが、ただし同氏は同社のハードウェア開発を統括するトニー・ファデル(Tony Fadell)氏の指揮下に入ることから、実質的にファデル氏が新たな責任者になる可能性が高い。

グーグルでは、「Glass」の最新版を今年中にリリースする考えを示しているが、具体的なリリース日程などは明かされていない。なお、この正式版では、バッテリー持続時間の延長や音質の向上、ディスプレイの改善などが行われ、価格も従来の製品に比べて安くなるとする見方もある。そのいっぽうで、従来から批判の強かったプライバシー侵害の懸念などの課題解決の必要も残されている。


[New Google Glass Version Coming This Year - WSJ]

【参照情報】
We're graduating from Google[x] labs - Google
Google to Reframe Wearable Glass Device - WSJ
Google suspends sale of smartglasses - FT
Google puts Nest's Tony Fadell in charge of Google Glass - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら