WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ドコモ、ソフトバンクなど、GotAPI普及に向けコンソーシアム設立

Controlling wearable devices and IoT with apps... what's next?

2015.05.01

Updated by Asako Itagaki on 5月 1, 2015, 11:05 am JST

4月30日、NTTドコモとソフトバンクモバイルは、複数のウェアラブル機器やIoT機器を一元的に操作するスマートフォンアプリやWebアプリの開発を容易にするインターフェイス技術「GotAPI」の普及活動や機能検討を行う「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立した。

「GotAPI」は、ドコモが開発した「デバイスコネクトWebAPI」をベースに国際標準化団体OMA(Open Mobile Alliance)で標準化されたインターフェイス技術で、「GotAPI」をインストールしたスマートフォンでは、サービス提供会社が提供するスマートフォンアプリやWebアプリから「GotAPI」に対応する複数のウェアラブル機器やIoT機器を一元的に操作することが可能となる。

コンソーシアムには4月30日時点で携帯電話事業者、機器メーカー、サービス提供会社等、計27社が参加。今後も幅広く機器メーカーやサービス提供会社などへ参加を呼び掛け、様々な機器やアプリケーションでの「GotAPI」の採用を促進するほか、機器やアプリケーションの実用化に向けた開発支援や課題解決のサポート等、普及拡大に向けて取り組む。

▼ウェアラブル機器やIoT機器での「GotAPI」使用イメージ例(報道発表資料より)
20150501-itagaki-IoT1

 

【報道発表資料】
 「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立 (NTTドコモ)
「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立 (ソフトバンクモバイル)

【関連情報】
デバイス WebAPI コンソーシアム
OMA GotAPI to Facilitate Interaction Between Smartphones and IoT Devices(OMAによる標準策定のアナウンス)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。