WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

グーグル、自動運転車による事故は過去6年間で11件 - 透明性欠如が問題に

Nothing is perfect; even machines do make mistakes

2015.05.12

Updated by WirelessWire News編集部 on May 12, 2015, 11:41 am UTC

グーグル(Google)は米国時間11日、同社が走行試験を進める自動運転車について、試験を開始してからの6年間であわせて11件の事故が発生していたことを明らかにした。

APによると、グーグルは先ごろカリフォルニア州当局に対して、昨年9月以降同州内で自動運転車が関わる衝突事故が3件発生していたことを報告していたという。今回の発表は「この3件以外に事故はなかったか」というメディア各社からの問い合わせに対して同社が明らかにしたもの。グーグルでは、いずれの場合も車体に軽いダメージがあった程度で、けが人もなく、またどの事故も自動運転車側が原因で生じたものではなかったとしているという。

報告された11件の事故のうち、7件は後続の自動車による追突で、自動運転車が停車していた時に起こったものが多く、ほかに車体側面への接触事故や、一時停止標識を無視した自動車にぶつけられたというケースもあった。また11件中8件は市街地走行中に発生した事故だったという。

グーグルによる自動運転車の実験は、すでに累計の走行距離が170万マイル(人間による運転時を含む)に達しており、そのうち約100万マイルが自動走行によるもの。また現在では23台の車輌を使って週あたり1万マイルの走行を記録しているという。

カリフォルニア州では昨年9月から自動運転車の路上走行実験に関して事故の報告が義務づけられており、グーグル以外にもデルファイ ・オートモーティブ(Delphi Automotive)の自動運転車による事故が1件報告されていた。ただ、カリフォルニア州の自動車輌局(Department of Motor Vehicles、DMV)などではこれらの事故の詳細を明らかにしておらず、第三者にはグーグルなどの当事者による「自己申告」について真偽を確かめる手段もないため、こうした情報の透明性欠如を問題視する声も一部で上がっているとAPは記している。

【参照情報】
Google acknowledges 11 accidents with its self-driving cars - AP
Four self-driving cars have been involved in accidents since September - The Verge
Driverless cars are getting into accidents, but the police reports are not being made public - Washington Post

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら