20150519_sbm000

ソフトバンクがGalaxy S6 edgeなど新スマホ4機種発表、モバイルとYahoo!ショッピングとの連携も

SoftBank unveils 4 new models including Galaxy

2015.05.19

Updated by Naohisa Iwamoto on 5月 19, 2015, 20:01 pm JST

ソフトバンクモバイルは2015年5月19日、2015年夏モデルの新製品と新サービスを発表した。ソフトバンクブランドの新製品はAndroidスマートフォン4機種、ワイモバイルブランドでは個人向けにマイクロソフトのSurface 3 LTE版の発売をアナウンスした。また、ソフトバンクモバイルのスマートフォンから「Yahoo!ショッピング」を、会員情報などの登録が不要で利用できるようにする新サービスも提供する。

発表会には、ソフトバンクモバイル代表取締役社長兼CEOの宮内謙氏が登壇し、「ソフトバンクグループの国内通信4社が合併して4月にソフトバンクモバイルとなり、7月1日には新ソフトバンクになる。今日は新ソフトバンクの事業方針を説明する。ソフトバンクは“モバイルインターネットNo.1のコア企業へ”をテーマとして、最も使いやすくて使用価値の高い製品やサービスを提供する会社になる」と語った。

ソフトバンク初のGalaxyや好評Xperiaなどをラインアップ

ソフトバンクブランドでは、スマートフォン4機種の新製品ラインアップを発表した。「Androidのフルラインアップを提供する」(宮内社長)と、iPhoneだけではなくAndroidでも含めた商品ラインアップを整えて提供することをアピールした。

▼ソフトバンクブランドの2015年夏モデル新製品4機種20150519_sbm001

Xperia Z3から取り扱いを開始したソニーモバイルコミュニケーションズのXperiaシリーズでは、「Xperia Z4」を提供する。薄くて軽いボディーに、2070万画素フロントカメラ、510万画素広角カメラを搭載。自分撮りを含めて高品質な写真が手軽に撮影できることや、ワイヤレスでハイレゾ音源を再生できるLDACに対応していることも紹介した。

シャープからは2機種。「AQUOS Xx」はAQUOSシリーズのハイエンドのフラッグシップモデル。5.7インチの大きな画面を搭載するが、「狭額縁だから実質5.5インチぐらいの持ちやすさ。光の3原色をすべての再現したディスプレイの美しさも見て欲しい」(宮内社長)。「AQUOS CRYSTAL 2」はソフトバンク限定モデルの第2弾。5.2インチで画面の縁がほとんどないフレームレス構造を採用したコンパクトな端末だ。「フレームレスながら防水、おサイフケータイ、ワンセグがフルセットになった」(宮内社長)と、前モデルからの進歩をアピールした。

ソフトバンクモバイルとして初めての取り扱いとなるのが、サムスン電子のGalaxyシリーズで、夏モデルでは「Galaxy S6 edge」を提供する。両サイドが曲面のデュアルエッジスクリーンを採用し、「手のひらから映像が浮き出るように感じる。ボディーカラーは4色用意した。4色はソフトバンクだけ」(宮内社長)。指紋認証機能や、両面ガラスの上質なデザインにも言及した。

4機種はすべてVoLTEに対応し、高品質なHD VOICEで音声通話ができる。ソフトバンクモバイルでは、VoLTE対応機種同士でなくてもいい音で通話できるようにネットワークを改良して、既存のソフトバンクのユーザーの大半がVoLTEと同等のHD VOICEによる通話をできるようにしたと発表した。またプラチナバンドLTEのエリア拡大についても説明し、「2015年4月にはかなりエリアを拡大した。10月になると人の住んでいないところ以外は、ほとんどプラチナバンドLTEがカバーしているようになる」とつながりやすさの改善が続くことをアピールした。

▼120インチまで拡大して投影できる本格的なプロジェクターを搭載した「モバイルシアター」20150519_sbm002

このほか、Android搭載の小型端末「モバイルシアター」、テレビ視聴が可能なデジタルフォトフレーム「PhotoVision TV2」も発表した。モバイルシアターはディスプレイとプロジェクターの双方の機能を備えたLTE端末で、バッテリー駆動でも最大120インチまでの投影が可能。自宅内でもアウトドアでも、好きな場所で映像などを大画面で楽しめる。PhotoVision TV2は、スマートフォンとWi-Fi Directで連携することで、スマートフォンにテレビ画像を映したり、スマートフォンに保存した動画データをPhotoVision TV2で視聴したりできる。

ワイモバイルブランドでは、マイクロソフトのSurface 3のLTE版を個人向けに発売する。フルパソコンの機能をもったタブレットで、「マイクロソフトの新しい生態系の核となる戦略商品」(日本マイクロソフトの樋口泰行社長)。LTE版はソフトバンクモバイルからのみの提供となり、個人向けがワイモバイルブランド、法人向けがソフトバンクモバイルブランドで提供される。

▼LTE対応の「Surface 3」は個人向けにはワイモバイルブランドで登場20150519_sbm003

Yahoo!ショッピングをスマホから手軽に、IBM Watsonのサービスにも言及

新サービスとしては2つを紹介した。1つはYahoo!ショッピングへのスマートフォンユーザーの誘導策で、「ヤフーとソフトバンクが一緒になってモバイルEコマース革命を起こす」(宮内社長)と説明する。スマートフォンユーザーのモバイルEコマース利用率は、「まだ50%以下にとどまっている。本格的なモバイルショッピングはこれから流れが起こる。会員登録が面倒、ログインが面倒、カード登録も面倒といった課題を、ヤフーとソフトバンクの連携で解決する」という。

具体的には、ソフトバンクのスマートフォンユーザーの会員登録やログイン手続きを省力化する「スマートログイン」と、スマートフォン料金と一緒に商品代金を決済できる「スマート決済」の2つの機能を提供し、スマートフォンからYahoo!ショッピングを使いやすくする。10月に提供を開始する。さらに、Yahoo! JAPANカードとの連携で、一層Tポイントが貯まりやすくなることも示した。

▼ソフトバンクのスマートフォンからYahoo!ショッピングを簡単に使えるようにする20150519_sbm004

もう1つが、ソフトバンクと経験から学習するコグニティブコンピューターのIBM Watsonの連携による「パーソナルブレーン」のサービスの提供。2015年度内にはソフトバンクスマートフォン向けにサービスを提供することを明らかにした。多くのパートナー企業を募り、Watsonのエコシステムを作るとする。医療や食生活、学習などの側面で新サービスを提供する計画だ。

【報道発表資料】
夏モデルとして高性能スマートフォン4機種を投入
国内初、LTE対応のモバイルプロジェクター「モバイルシアター」発売について
充実のテレビ機能を搭載したデジタルフォトフレーム「PhotoVision TV2」発売について
モバイルeコマース革命!会員情報などの入力不要でYahoo!ショッピングが利用可能に!
ソフトバンクモバイルと日本マイクロソフト、戦略的パートナーシップによりSurface 3LTE 対応版を日本市場で販売

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS