WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

twitter

ツイッターで経営トップ交代 - コストロCEOが退任、ジャック・ドーシー氏が暫定CEOに

Who will be the next CEO of Twitter?

2015.06.12

Updated by WirelessWire News編集部 on June 12, 2015, 10:30 am JST

ツイッター(Twitter)は米国時間11日、同社のディック・コストロ(Dick Costolo)CEOが6月末で退任することを発表。7月からは共同創業者のジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が暫定CEOに就任し、次期CEO探しを進めるという。

コストロ氏は2010年10月にツイッター経営陣に加わり、2011年には共同創業者のエヴァン・ウィリアムズ(Evan Williams) 氏に代わってツイッターのCEOに就任。同氏の下でツイッターは一昨年に株式上場を果たしたものの、上場後はユーザー数や広告売上の増化が期待に届かず、株価も伸び悩んでいた。

Twitterのサービスの生みの親とされるドーシー氏は、2006年の同社創業時から2008年まで同社のCEOを務めていたものの、その経営手腕に対する疑問の声などが高まり、実質的に経営トップの座から追われ、2009年にはモバイル決済ベンチャーのスクウェア(Square)を立ち上げて現在までCEOを務めてきている。いっぽう、ツイッターには2011年3月末に会長として復帰していた。

NYTimesによれば、この発表を受けてツイッターの株価は時間外取引で一時7%以上上昇したという。

Re/codeでは、コストロ氏が「昨年暮れにはCEO退任の希望を取締役会に知らせていた」「今後も取締役兼アドバイザーとしてツイッターの経営にタッチしていく」などとする同氏のコメントや、「経営トップ交代の可能性はしばらく前から検討されていた」とするドーシー氏のコメントが紹介されている。

この話題に触れたThe Vergeでは、他社によるツイッター買収の噂についても言及。グーグルを有力な候補として挙げながら、売却の可能性に対してオープンな姿勢を表明したコストロCEOの発言を取り上げている。

【参照情報】
Costolo Steps Down as Twitter’s Chief Executive Officer - Bloomberg
Twitter’s C.E.O., Dick Costolo, Is to Resign - NYTimes
Dick Costolo is leaving Twitter, to be replaced by Jack Dorsey as interim CEO - The Verge
Dick and Jack Speak: This CEO Departure Was Part of the Plan. (No, Really!) - Re/code

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら