WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Morning Traffic - Tel Aviv

グーグル、イスラエルで通勤者向けライドシェア・サービスの実験開始

Google starts a new Carpool service in Israel

2015.07.07

Updated by WirelessWire News編集部 on July 7, 2015, 11:18 am UTC

グーグル(Google)がイスラエルで、通勤者をターゲットにしたライドシェアサービスを現地時間6日に開始するという話を複数の媒体が報じている。

WSJ記事によると、このサービスはグーグルが2013年に買収した地図アプリメーカーのウェイズ(Waze)出身のチームが開発したもの。ウェイズは主に通勤者の利用を想定しており、「RideWith」という専用アプリを使って出発点や目的地の方向が共通するドライバーと乗り手とをマッチングさせるという。

ただし、このサービスではドライバーが行えるライドシェアの回数や得られる収入が制限されている。具体的にはライドシェアの回数はドライバー1人あたり1日2回までで、収入もガソリン代など最低限に限られるという。これはユーバー(Uber)のような配車サービスとの区別を明確にし、当局からの規制を避けるためとされている。

フランスでは先ごろ、ユーバー(Uber)に対するタクシードライバーのストライキがエスカレートし、また利用客によるUberドライバーへの暴行事件も発生していた。こうした事態を受けてユーバーではサービスの一時停止を発表していた。

なお、「RideWith」のサービスは、まずテルアビブ、ラアナナ、ヘルツリーヤの3都市で試験的に開始され、その結果を踏まえながら、さらにエリアを拡大していく予定だという。

グーグルは2013年8月に、ユーバーに約2億5800万ドルを出資していたが、自動運転車開発など、ここ1年ほどはいくつかの分野で競合関係になりつつあるとされている。

【参照情報】
Google launches carpooling service for Israeli commuters powered by Waze - The Verge
Google Pilots Carpooling Service for Commuters in Israel - WSJ
Google to Test Carpooling Service in Israel - NYTimes

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら