WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Introducing Android One

30〜50ドルのスマートフォン開発 - グーグル、「Android One」をテコ入れへ(FT報道)

Smartphones at an absurdly low price!?

2015.08.10

Updated by WirelessWire News編集部 on August 10, 2015, 13:25 pm UTC

グーグル(Google)が、市販価格約30〜50ドル程度のAndroid端末を開発し、インドなどの新興市場で提供する計画を進めているという。同社幹部の話としてFinantial Times(FT)が現地時間9日に報じた。

グーグルのラジャン・アナンダン(Rajan Anadandan)氏(インドおよび東南アジア担当マネージングディレクター)によると、グーグルは昨年インドで開始した低価格Android端末のリファレンスプログラム「Android One」について軌道修正を進めようとしており、その一環として従来100ドル程度とされていた基準価格よりさらに安く販売できる端末の開発を目指しているという。また同社は今後オフライン状態でもサービスを利用できるアプリ類などを増やしていく考えだという。同社はすでにYouTubeやGoogle Mapsに関してオフラインでも利用可能な製品を提供している。

新興市場で、カスタマイズ版Androidを採用した中国メーカー製の安価な端末が普及するなか、グーグルはこれに対抗すべく「Android One」の取り組みを発表し、複数の端末メーカーと協力しながら低価格端末の開発・販売を進めるとしていた。しかし、多くの端末が200ドル程度と高めの値段設定となったことや、グーグルがピュアなAndroidの提供を目指すことによる差別化の難しさなどから、同プログラムの端末販売数は芳しくなく、インド市場での販売台数はいまのところ期待を下回る推定100万台以下に留まっているという。

FTによると、インドのインターネット利用者は2017年に5億人を超える見通しで、すでにフェイスブック(Facebook)では国別で第2位の市場になているという。

【参照情報】
Google set to reboot Android One smartphone project in India - FT
Google will take another shot at low-cost Android One initiative - The Verge
Google aims for $30 smartphones as it prepares to relaunch Android One in India - TNW

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら