NTTドコモ、「家のあんしんパートナー」に新機能:外出先からペットの様子を確認〜暑い夏は自宅のペットが心配

This new service treats your dog and cat right

2015.08.12

Updated by Hitoshi Sato on 8月 12, 2015, 11:18 am JST

20150812-sato-catNTTドコモは2015年8月5日から、現在提供中の「家のあんしんパートナー」に4つの新機能を追加した。追加された新機能は以下の4つ。docomo IDがあれば、ドコモの回線契約がなくても利用できる。

  • スマートフォンなどによる「留守中などの部屋みまもり機能」
  • 離れて住むご家族の「在宅確認サポート」
  • 侵入被害等に対する「お見舞金制度」
  • 24時間受付可能な「健康相談ダイヤル」サービスを

なお、「家のあんしんパートナー」とは別に、「留守中などの部屋みまもり機能」のみを利用できるサービスとして、自宅等に設置して動画やリアルタイム映像が確認できる専用機器の「おるすばんカメラ」を月額利用料100円で提供していく。

暑い夏は自宅のペットが心配

「留守中などの部屋みまもり機能」では動きの情報をモニタリングすることで、ペットの様子を確認したり、撮影をせずに、動きの情報のみをモニタリングして、離れた場所に住む家族の見守りとしても利用できる。さらに専用のネットワークカメラ「スマカメ for docomo CS-QR10-D」を利用して、外出先から部屋の様子を動画やリアルタイム映像で確認することもできる。

▼サービス画面イメージ(左:ペットの見守り・右:離れて暮らす家族の見守り
20150812-sato-rusuban23

▼スマカメ for docomo CS-QR10-Dと確認画面イメージ20150812-sato-rusuban14

ペットを飼っている人は、この日本の暑い夏ではペットの体調を気遣って、冷房を入れたまま外出することが多いだろう。それでもこの日本の夏の暑さは人間でも体力を消耗してしまう。また「このくらいの暑さなら、冷房入れなくて大丈夫かな」と思って外出してみたら、暑くなってしまい、外出先でも自宅に残してきたペットを心配する人も多いだろう。

「留守中などの部屋みまもり機能」や「おるすばんカメラ」を利用すれば、愛するペットが自宅で無事に過ごしているかどうかの確認ができる。だが、自宅に残してきたペットの様子の確認はできても、外出先から冷房を入れたり、水や食事を与えることはできない。あくまでも見守るだけだ。

ペットは自分で冷房を入れることはできない。暑い夏にペットを自宅に残して外出するときは、十分に注意してから外出しよう。

 

 

【参照情報】
「家のあんしんパートナー」の機能拡充および「おるすばんカメラ」の提供を開始

 

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

佐藤 仁(さとう・ひとし)

2010年12月より情報通信総合研究所にてグローバルガバナンスにおける情報通信の果たす役割や技術動向に関する調査・研究に従事している。情報通信技術の発展によって世界は大きく変わってきたが、それらはグローバルガバナンスの中でどのような位置付けにあるのか、そして国際秩序と日本社会にどのような影響を与えて、未来をどのように変えていくのかを研究している。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。