テレ朝とKDDIがスマホ向け動画配信で提携、ビッグデータを活用して共同制作

Youtube is no longer the best choice

2015.08.20

Updated by Naohisa Iwamoto on 8月 20, 2015, 18:13 pm JST

テレビ朝日とKDDIは2015年8月20日、スマートフォン向け動画配信事業で戦略的業務提携を結んだと発表した。地上波の番組と連動したオリジナルコンテンツを、KDDIが保有するビッグデータを活用して、共同で制作していく。

共同制作の第1弾は、AKB48グループメンバーが主演するエンターテインメントドラマで、KDDIが提供するスマートフォン向けの動画配信サービス「ビデオパス」で配信する。地上波番組放送に加えて、地上波と同等のクオリティで「ビデオパス」のオリジナルエピソードを提供し、地上波とネットが融合した動画の新しい視聴体験を提供する。

このドラマの提供に当っては、KDDIのビデオパスの「検索履歴」「視聴履歴」「属性履歴」などの統計データを分析した結果を参照した。検索履歴の上位キーワードに「AKB」があり、視聴履歴としては「ヒロインが魅了的なドラマ」が上位にくるといったデータと、企画されたAKB48グループメンバーが主演するドラマがマッチングすることから、ビデオパス利用者に受け入れられると判断したもの。

このほか、業務提携により、テレビ朝日で放送中の金曜ナイトドラマ「民王」を、定額制動画配信サービスとしては独占的にビデオパスで配信する。またバラエティ番組などのビデオパスでの配信、地上波などで放送する番組本編と連動したオリジナル動画コンテンツの配信なども実施する。

KDDIは、映像作品の基本データや作品のメタデータのほか、ビデオパスを通じて得られる視聴者の属性情報や行動データを、両社のコンテンツ共同制作に活用する。テレビ朝日は、放送だけでなく動画配信分野で一定のポジションを確保するため、業務提携による動画配信事業の拡大を目指す。

【報道発表資料】
テレビ朝日とKDDI、スマートフォン向け動画配信事業に関する業務提携について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。