ノキア、日本のR&DセンターでTDD-FDD 3キャリアアグリゲーションの実験に成功

2015.09.02

Updated by Naohisa Iwamoto on 9月 2, 2015, 21:22 pm JST

ノキアのネットワーク事業部門(ノキアネットワークス)は2015年9月2日、ノキアネットワークスの日本のR&DセンターでTDDとFDDの両方式のLTEを使って3つの帯域を束ねる3キャリアアグリゲーションの実験に成功したことを発表した。ノキアネットワークスによれば、商用チップセットを使って、TDD-FDDの3キャリアアグリゲーションの伝送実験に成功したのは、アジアでは初めてとのこと。

実験に利用したのは、ノキアネットワークスの日本のR&Dセンターにある無線装置と、商用チップセットを使った端末装置。無線装置は、FD-LTEとTD-LTEに対応したノキアネットワークスの基地局装置「Flexi Multiradio 10 Base Station」を含む、商用のSingle RAN Advancedハードウェアを利用。端末装置として利用したチップセットはクアルコムの子会社であるクアルコム テクノロジーズが製品として提供している「Qualcomm Snapdragon X12 LTE modem」。これらを利用して、FD-LTEの20MHz帯域と、TD-LTEの20MHz帯域を2つの合計3つの帯域で、3キャリアアグリゲーションを実現した。実験では、下りのピーク速度として365Mbps(FDDで145Mbps、TDDで220Mbps)を得た。

ノキアネットワークスは、今回の3キャリアアグリゲーションの実験に、基地局装置などの無線設備のほか、周波数リソースを最適に利用できるようにするロードバランシング機能や、TDDとFDDのLTE周波数の複数キャリアを束ねるためのソフトウエアなどを提供している。

【報道発表資料】
ノキア、商用チップセットでアジア初TDD-FDD 3キャリアアグリゲーションに成功

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。