WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アップル(Apple)が12日に予約受付を開始した新型iPhoneの予約状況について、過去最高を記録した昨年の台数を上回るペースで推移しているという話が、米国時間14日に複数の媒体で報じられている。

昨年リリースされた前モデル「iPhone 6」「 iPhone 6 Plus」の予約台数は、受付開始から24時間で約400万台に達していた。また発売後第1週目の販売台数は全世界あわせて1000万台を記録していた。それに対し、今年は受付開始後24時間の予約台数は発表されていない。

今年は、発売日が9月25日の第一陣グループのなかに中国市場が含まれていることから、前年との単純な比較は難しいが、この話題を採り上げたBloombergでは中国の需要が予約台数を大きく底上げしている可能性が高いとし、また「中国での予約分がなければほぼ前年並みだろう」とするジーン・マンスター(Gene Munster、Piper Jaffrayアナリスト)氏の見方を紹介している。同氏の予測によると、発売第1週の週末3日間の販売台数は1300万台で、そのうち約200万台程度が中国での売上になりそうだという。

いっぽうウォルター・パイエシク(Walter Piecyk、BTIGアナリスト)氏はBloombergに対し、今回明らかになった予約台数だけでは新型iPhoneの販売台数が前年を上回るかどうかは判断しきれないなどとコメントしている。

なお、アップルの広報担当者は、「iPhone 6s」および「 iPhone 6s Plus」へのユーザーの反応は極めてポジティブで、とくに「iPhone 6s Plus」へのニーズが高いなどとコメントしたという。

【参照情報】
Apple's IPhone Gets Boost From China as Sales to Hit Record - Bloomberg
Apple: Preorders Strong for New iPhones - WSJ
Apple: We are on pace to beat last year's iPhone first-weekend record - CNBC

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら