スマホで見逃し番組を無料視聴、在京民放5社が新サービス「TVer」を開始

2015.10.26

Updated by Naohisa Iwamoto on 10月 26, 2015, 20:46 pm JST

日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの在京民放5社は、リアルタイムで見逃した番組などを一定期間まで視聴できる“キャッチアップサービス”を提供する。10月26日に提供を開始した民放公式テレビポータル「TVer」(ティーバー)のサービスとして、キャッチアップサービスを提供する。

TVerでは、在京民放5社とその系列放送局が制作したコンテンツを広告付きで無料配信するキャッチアップサービスと、タレント情報などの番組情報を提供する。運営会社はプレゼントキャストで、対象となるデバイスはパソコン、スマートフォン、タブレットなど。スマートデバイス向けには「TVerアプリ」を提供し、iOS7以降のiPhone(iPhone4S以降)、iPod touch 、Android OS4.1以降を搭載したAndroidスマートフォンに対応している。

各局、毎週約10~15のドラマやバラエティの番組を、放送終了後から次回放送までの1週間程度、無料で配信する。10月26日時点のTVerトップページには掲載順に、「下町ロケット」(TBS)、「ゴッドタン」(テレビ東京)、「有吉反省会」(日本テレビ)、「巷のリアルTV カミングアウト!」(フジテレビ)、「遺産争族」(テレビ朝日)といった番組が並ぶ。

【報道発表資料】
民放公式テレビポータル TVer 本日サービス開始!

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS