WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

クレー射撃

「プライバシーを侵害したドローンは銃で撃ち落としても構わない」 - 米地方裁で判決

2015.10.30

Updated by WirelessWire News編集部 on October 30, 2015, 13:24 pm UTC

米ケンタッキー州で、自宅付近を飛行中のドローンを撃ち落とした男性が器物破損などの罪を問われていた事件で、この裁判を担当した同州ブリット郡地方裁判所で現地時間26日、この男性に対する訴えを棄却する判決が下されたという。

この事件は今年7月、ケンタッキー州ルイビルのウィリアム・メレディス(William Meredeth)という男性が、「自宅の上空をドローンが飛行している」という娘の報告を受け、これをショットガンで撃墜したというもの。メレディス氏はその後、器物破損などで逮捕されていたという。

今回の判決のなかで、レベッカ・ワード(Rebecca Ward)氏という判事は、「ドローンがメレディス氏の自宅近くを木の高さほどの低空で飛行していた」とする3人の目撃者の証言をもとに、このドローンの飛行がプライバシー侵害にあたるとみなして、メレディス氏のドローン撃墜を合法と判断したという。

この判決に対して、打ち落とされたドローンを所有者していたデビッド・ボグズ(David Boggs)氏という人物は、飛行中のドローンを撮影した動画を証拠に「打ち落とされる直前までドローンは200フィート(約60m)以上の上空を飛行していた」などと反論し、裁判所がこの動画のことを考慮せずに判断を下したなどと異議を唱えているという。なお、ボグズ氏は今後メレディス氏に対して民事訴訟を起こす考えという。

米国ではドローンの使用のめぐって、すでに様々なトラブルが生じており、最近では小型ドローンが航空機やヘリコプターなどの飛行を邪魔するケースも急増している。また米運輸省では、すべてのドローンの購入者に対して登録を義務付ける動きが進んでおり、これに関する新しいルールが年内にも発表されると見通しとなっている。


(この一件を伝えたテレビニュース)


(打ち落とされたドローンから撮影されていた飛行中のビデオ - Kentucky Drone Shot Down - The Drone's Cache Video)

【参照情報】
Judge Dismisses Case Against ‘Drone Slayer’ - WSJ
Judge rules Kentucky man had the right to shoot down his neighbor’s drone - The Verge
“Drone Slayer” cleared of charges: “I wish this had never happened” - Ars Technica

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら