Wireless City PlanningがAXGPの屋外型端末を開発、公共サービスなどに適用

2015.11.09

Updated by Naohisa Iwamoto on 11月 9, 2015, 19:06 pm JST

20151109_wcp001ソフトバンクグループのWireless City Planning(WPC)は2015年11月9日、同社が提供するAXGP方式の通信サービスに対応した屋外設置型端末を開発したと発表した。「WiMO-LTO100」と呼ぶ端末で、韓国のモダ情報通信と共同開発したもの。

WiMO-LTO100は、IP67の防塵防水性能を備えるほか、風速70m/秒の強風にも耐えられる暴風設計を施した。アンテナと無線部を屋外に設置でき、PoE(Power over Ethernet)で電源を供給できるため屋外に電源設備がなくても利用できる。WCPでは、監視カメラやIP告知放送などの公共サービスとの親和性が高いとしている。

AXGPはTD-LTE互換の通信方式。WiMO-LTO100では下り最大110Mbps、上り最大10Mbpsの通信が可能。地域BWA用の周波数帯域にも対応する。従量はブラケット装着時に約780g、サイズは約213.9×215×54.7mm(高さ×幅×厚さ)。

【報道発表資料】
国内初、AXGP対応の屋外設置型端末を開発

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。