ワイモバイル、「ふてニャン」新CMは「月々934円から使えるケータイ」

2015.12.09

Updated by Hitoshi Sato on 12月 9, 2015, 11:30 am JST

20151208-futenyan1(出典:ソフトバンク)

ソフトバンクは2015年12月5日からワイモバイルの新CM「ネコのおまわりさん」篇のオンエアを全国で開始した。月々934円から使える新ケータイのCMだが、今回もワイモバイルのCMではお馴染みの「ふてニャン」が登場している。

今回のCMでは「ふてニャン」が立ち歩きしているように見える衣装を着て登場している。警察官の姿で、てくてく歩く「ふてニャン」はいつものフテっている姿と違い可愛さ満点である。さらに携帯電話を拾った警察官の衣装を着た「ふてニャン」が女子高生姿の平祐奈さんに出会いその可愛さに思わずプロポーする。

▼Y!mobile「ふてニャン ネコのおまわりさん」篇 30秒

 

今回の撮影では、 警察官の衣装で登場した「ふてニャン」はその愛くるしい姿で、 演者やスタッフに癒しを与えていた。また「ふてニャン」と初共演となる平祐奈さんは、撮影中も「ふてニャン」に声をかけてあげるなど、優しく気遣う場面が印象的だった。二人は息ぴったりだった。平さんの声かけに「ふてニャン」が完璧に応えたシーンでは、現場スタッフから拍手が起こり、思わず監督も「サイコー!」と声を漏らしていた。 撮影終盤になり疲れ気味の「ふてニャン」に平さんは「もう少しだから、がんばろう!」と優しく声をかける場面も見られた。

過去のワイモバイルでの「ふてニャン」のCMを以下に掲載しておく。癒されるだけでなく、ワイモバイルのサービスで何を訴求したいのかが明確に伝わってくる。今まではガラケーからスマートフォンへの乗り換えの訴求と、ワイモバイルのプランである「Superコミコミ」(スマホ本体+通話定額+パケット定額)で毎月2,980円を「ふてニャン」の猫になぞらえて「ニャンキュッパ(2,980円)」を訴求していた。

今までは、スマートフォンが料金込みで安く利用できることを訴求していたが、今回のCMからは「月々934円から使えるケータイ」の訴求で、さらに安い料金でガラケーが利用できることを訴求している。

多くのMVNOが「格安SIM」で市場に参入してきている。さらに安倍首相の「携帯料金等の家計負担の軽減は大きな課題である」というコメントを受け、「ワイモバイルは従来の2,980円の格安プランだけではなく、『ガラケーで十分』というユーザー向けの安いプランを既に提供している」ことを、「ふてニャン」を通じてアピールしていきたいのだろう。

【Y!mobile「ふてにゃん」CM集】
Y!mobile「ふてニャン 太陽にふてろ!」篇30秒
Y!mobile「ふてニャン ネコ鍋」篇30秒
Y!mobile「ふてニャン マッサージ(ネコ整体師)」篇 30秒
Y!mobile「ふてニャン マッサージ(女性整体師)」篇 30秒
Y!mobile「ふてニャン ガラケー回収車」篇 60秒
Y!mobile「ふてニャン にゃんキュッパ」篇 30秒
Y!mobile「ふてニャン バースデイ(パケット2倍)」篇 15秒

▼Y!mobile「ふてニャン にゃんキュッパ」篇 30秒

 

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

佐藤 仁(さとう・ひとし)

2010年12月より情報通信総合研究所にてグローバルガバナンスにおける情報通信の果たす役割や技術動向に関する調査・研究に従事している。情報通信技術の発展によって世界は大きく変わってきたが、それらはグローバルガバナンスの中でどのような位置付けにあるのか、そして国際秩序と日本社会にどのような影響を与えて、未来をどのように変えていくのかを研究している。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。

RELATED NEWS