フランス Wi-Fi

仏首相、テロ対策目的での公共Wi-FiやTorネットワーク規制を否定

2015.12.14

Updated by WirelessWire News編集部 on 12月 14, 2015, 11:15 am JST

フランス政府がテロ対策の一環として、公共Wi-Fiネットワークの利用規制やインターネットの接続経路を匿名化する「Tor」の利用規制などを含む複数の対策を検討しているとする話について、マニュエル・ヴァルス(Manuel Valls)仏首相が現地時間9日、そうした計画は存在しないと発言したという。

Ars Technicaなどの報道によると、ヴァルス首相は、テロ防止のために何らかの治安維持対策を講じる必要があるとしながら、仏警察当局から公共Wi-Fiや「Tor」に関する規制を求める声が上がっているとの報道については、「そのような要求はまったく聞いたことがない」「公共Wi-Fiの規制は政府の計画にはない」と語り、またTorネットワークの禁止についても「賛成していない」と述べたという。

仏政府による公共Wi-Fiネットワークの利用規制やTorネットワークの規制の可能性については、早ければ2016年1月にも実地されるなどとする話がLe Mondeで先ごろ報じられ、これを受けて複数の英語媒体でもこの話題が採り上げられていた。同時に、この種の計画に対しては市民権擁護団体やプライバシー関連団体など様々な方面からの反対の声が上がるとする見方も出ていた。

【参照情報】
France won’t block public Wi-Fi or ban Tor, PM says - Ars Technica
Tor and Public Wi-Fi Safe in France, Prime Minister Says - Motherboard(Vice)
French prime minister says he's not in favor of banning public Wi-Fi or Tor - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG