VAIO、法人需要メインのWindows 10 Mobileスマホ「VAIO Phone Biz」

2016.02.04

Updated by Naohisa Iwamoto on 2月 4, 2016, 19:50 pm JST

VAIOは2016年2月4日、Windows 10 Mobileを搭載したSIMロックフリーのスマートフォン「VAIO Phone Biz」を発表した。主に法人利用をターゲットにし、4月から順次発売する。価格は5万円台を想定する。

▼5.5インチ液晶を搭載し、背面のアルミボディーにVAIOロゴが彫り込まれた「VAIO Phone Biz」20160204_VAIO001

発表会に登壇したVAIO 代表取締役社長の大田義実氏は、「スマートフォン市場は現状、iOSとAndroidに二分されている。VAIOは、1997年の初代VAIO以来、Windowsとともに歩き続けてきた。そのWindowsの世界を拡大すべく、Windows 10 Mobileを搭載したスマートフォンを提供する。法人中心の商品として企画したのが、VAIO Phone Bizだ」と位置づけを説明する。提供する販路としてメインになる法人向けでは、NTTドコモとダイワボウ情報システムが販売を担当する。一方の個人向けは、VAIOの直営オンラインショップの「VAIO STORE」、ビッグローブ、楽天モバイルなどのMVNO、一部量販店での取り扱いとなる。

Windows 10 MobileをOSに搭載するVAIO Phone Bizは、Windows搭載パソコンとの親和性が高いことが特徴。Windows 10搭載パソコンとの連携のほか、Office 365の利用、One Driveを使ったデータ共有などが可能になる。VAIO Phone Bizには「Office Mobile」もプレインストールされておりオフィス文書の閲覧や編集もできる。さらに、クラウドサービスのMicrosoft Azure、MDM(モバイル端末管理)機能を備えるMicrosoft Intune、統合コミュニケーションプラットフォームのSkype for Businessが企業システムとの連携を支える。

▼「Continuum」によってVAIO Phone Bizをパソコンのように利用しているデモ20160204_vaio002

また、Windows 10 Mobileの新機能である「Continuum」に対応するのもVAIO Phone Bizの特徴。Continuumは、スマートフォンに外付けのディスプレイやキーボード、マウスを接続することで、あたかもパソコンのように利用できる機能。パソコンがなくても、同様のビジネスの作業ができる新しいワーキングスタイルを実現する。そのため、国内向けWindows 10 Mobile搭載端末の多くが採用するContinuum非対応のエントリーレンジプロセッサー(Snapdragon 210、同410)ではなく、Continuum対応のミドルレンジプロセッサー(Snapdragon 617)を採用した。メモリーも3GBを実装し、Continuumやマルチタスクに耐える性能を確保した。

ハードウエアのスペックとしては、5.5インチのフルHDディスプレイを搭載、ストレージは16GB、カメラはメインが1300万画素、フロントが500万画素。SIMロックフリーで、国内で利用されている幅広い通信バンドをサポートすることも特徴。対応するのは「バンド1(2.1GHz)」「バンド3(1.8GHz)」「バンド6(800MHz)」「バンド8(900MHz)」「バンド11(1.5GHz)」「バンド19(800MHz)「バンド21(1.5GHz)」。ドコモ網ではキャリアアグリゲーションにも対応し、下り最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」を利用できる。Wi-Fiは802.11a/b/g/n/acに対応する。

▼ハードウエアの主要スペック20160204_vaio003

VAIOブランドのスマートフォンは、2015年に日本通信が発売している。今回のVAIO Phone BizはVAIOが独自に設計・開発した端末で、製造は海外の協力工場による。ただし、VAIOの安曇野工場で全数検査をする「安曇野FINISH」で品質と信頼性を確保することを狙う。デザインや質感も、VAIOのフラッグシップパソコンである「VAIO Z Canvas」のデザインコンセプトを引き継いだ。ボディーはアルミ削り出しで、彫り込まれたVAIOのロゴは上質感を醸し出す。

【報道発表資料】
VAIO株式会社 Windows 10 Mobil搭載SIMフリースマートフォン「VAIO Phone Biz」を発表

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。