世界 データ 統計

世界のモバイルデータ通信量、今後5年で8倍増の見通し(シスコ予測)

2016.02.05

Updated by WirelessWire News編集部 on 2月 5, 2016, 11:57 am JST

米シスコシステムズ(Cisco Systems)が米国時間3日、世界のインターネット動向に関する年次レポート「Visual Networking Index」の最新版を公表した。

同レポートによると、世界のスマートフォンユーザー数は2020年時点で総人口の約7割にあたる55億人まで拡大し、また同年には携帯電話の利用者数が電気や水道といったインフラや自動車の利用者数を上回る見込みだという。

世界のモバイルデータトラフィックは、2015年の44エクサバイトから2020年には367エクサバイトまで増加し、データトラフィックの81%がスマートフォン経由のものになる見込み。また、有線を含めたインターネット全体の通信量は今年中にゼタバイト(10の21乗バイト)の大台に乗り、2019年にはさらにこの倍まで増えるとの予想もある。

地域別の増加率は、アフリカや中東が年平均44%ともっとも高く、それに次いで中央・東ヨーロッパが33%、中国を含むアジア太平洋地域が21%、米国が20%などとなっている。

そのほかに、同レポートでは今後5年のインターネット関連の動向について、以下のような見通しが示されている。

  • 世界のモバイルデータトラフィックの75%を動画利用が占めるようになる。
  • ウェアラブル端末の利用数は6億台まで拡大。
  • 世界の4Gネットワークの普及率は40.5%まで拡大し、モバイルデータ通信の72%が4G網を経由したものとなる。

【参照情報】
Phones Will Drive Internet Traffic Past the Zettabyte Mark This Year - Re/code
Cisco: Internet of things, video will lead to global mobile data surge - ZDNet
Cisco sees eight-fold increase in mobile data by 2020 - Computerworld

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG