NTT東西、災害用伝言ダイヤルの機能拡充で携帯電話/PHSも登録可能に

2016.03.09

Updated by Naohisa Iwamoto on 3月 9, 2016, 06:54 am JST

NTT東日本、NTT西日本は2016年3月8日、「災害用伝言ダイヤル(171)」の機能拡充を発表した。登録可能な電話番号に携帯電話/PHSを追加するなど、利用環境の変化に対応する。3月18日に機能拡充を実施する。

機能拡充の内容は大きく3つ。1つは登録可能な電話番号として、従来の固定電話およびIP電話(050を除く)に、携帯電話、PHS、050番号のIP電話を追加したこと。2つ目は、伝言についてで、登録件数が10件から20件へ増加、保存期間も48時間から提供期間終了までと延長される。

3つ目は、NTT東西が提供する「災害用伝言板(web171)」との連携。これまでは災害用伝言ダイヤルとは別のサービスとして提供されていた。今後は災害用伝言ダイヤルで登録した伝言を災害用伝言板(web171)で音声ファイルとして再生したり、災害用伝言板に登録されたテキストの伝言を音声変換して災害用伝言ダイヤルで再生したりする相互連携が可能になる。

【報道発表資料】
「災害用伝言ダイヤル(171)」の機能拡充について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。