WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

野球のボールとタブレット

アップル、米大リーグに「iPad Pro」提供 - ベンチでリアルタイムのデータ活用

2016.03.30

Updated by WirelessWire News編集部 on March 30, 2016, 16:06 pm UTC

まもなく新シーズンが開幕する米大リーグ(MLB)で、各チームの監督やコーチ向けにアップル(Apple)の「iPad Pro」が配られることになったという。

WSJの報道によると、MLBとアップルが結んだこの契約では、MLBのロゴが入った特製ケース入りのiPad Pro(12.9インチ版)が、MLB Advanced Media(MLBのメディア関連子会社)の開発した「MLB Dougout」というアプリとセットで各チームに支給される。各チームの監督やコーチは、このiPadで引き出したデータを、リリーフピッチャーやピンチヒッターの起用に活かしたり、過去の対戦の様子を記録した動画をその場(ダグアウト内)で確認したりすることが可能になるとされている。

アップルのフィル・シラー(Phil Schiller)SVPは、WSJに対し「従来の紙のバインダーをタブレットで代替しようというだけではない。以前には不可能だったことを実現できるようにわれわれは力を貸している」などとコメントしているが、メジャーなプロリーグはいずれも長年アナリティクス(analytics)という言葉で総称されるデータ活用に取り組んでおり、すでに膨大な量のデータを蓄積してきている。ダグアウトへのiPad持ち込みが可能になったことで、そうしたデータを現場でリアルタイム活用できる可能性が開けるが、そうした変化が具体的にどういう形で試合の戦い方に影響を及ぼすかなどが今後の注目点となりそうだ。

米のメジャープロスポーツでは、すでにNFL(フットボール)でマイクロソフト(Microsoft)の「Surface」タブレットを利用した取り組みが数年前から進められている。NFLとマイクロソフトは2013年に「4年間・総額4億ドル」のプロモーション契約を結んでおり、サイドライン(対戦チームのベンチ)での「Surface」利用はこの契約の一環。過去には、試合中に端末が動作しなくなったことや、テレビ中継のアナウンサーが「Surface」を「iPad」と間違えて呼んでしまったことが話題になったこともあった。いっぽう、NBA(バスケットボール)では、サムスンとのマーケティング契約の一部として、コートサイドへのタブレット端末導入の可能性が示唆されたことがあったものの、いまのところ従来のホワイトボードに代わるものとしてタブレットを使うという例はあまり見られない。

iPadの売上低迷という課題を抱えるアップルは、このところビジネスでのiPad利用の促進に力を入れてきている。いまだに根強い人気を誇るMLBへのiPad提供は、ある種のプロダクト・プレースメントとして、iPad Proの知名度向上・売上促進に役立つ可能性が考えられる。

なお、この契約でアップルがMLBに支払う金額は不明。またSurfaceの利用を義務づけるNFLの場合と異なり、MLBではiPad Proを実際にベンチで使うかどうかは各チームの判断に委ねられるという。


(昨年9月にVice Sportsが取材・公開していた米大リーグでのデータ活用に関する動画「Future of the Game: Baseball's Latest Statistical Revolution」)

【参照情報】
Baseball’s Latest Recruit Is an iPad - WSJ
Apple strikes deal with MLB to provide every team with iPad Pros - The Verge
Apple, MLB strike deal for iPad Pro in every team's dugout - ZDNet

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG