WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Oppo

中国メーカー2社が新たにトップ5入り - 2016年第1四半期の世界スマートフォン市場(IDC調査)

2016.04.28

Updated by WirelessWire News編集部 on April 28, 2016, 11:58 am UTC

調査会社IDCが米国時間27日、2016年1〜3月期の世界のスマートフォン市場に関するレポートをリリースしたが、これによると同期には首位のサムスン(Samsung)が2位アップル(Apple)との差を広げたほか、4位と5位には中国メーカーのオッポ(Oppo)、ヴィーヴォ(Vivo)がランクインし、レノボ(Lenovo)やシャオミ(Xiaomi)は圏外に後退したという。

IDCによると、同期のスマートフォン出荷台数は3億3490万台で、前年同期の3億3430万台から0.2%の増加。0.2%という増加率は過去最少の伸び幅。同期に首位を維持したサムスンの出荷台数は8190万台で前年同期の8240万台から0.6%減少、市場シェアは前年同期比0.1%減の24.5%。また2位アップルも出荷台数が5120万台で前年同期の6120万台から16.3%減少し、シェアは3%減の15.3%となった。

いっぽう、3〜5位にはファーウェイ(Huawei)、(OPPO)、ヴィーヴォ(Vivo)の中国勢3社がランクインし、レノボやシャオミは6位以下に後退。ファーウェイ(Huawei)の出荷台数は2750万台(前年同期比58.4%)でシェアは8.2%(同3%増)、オッポの出荷台数は1850万台(同153.2%)でシェアは5.5%(同3.3%増)、またヴィーヴォの出荷台数は1430万台(同123.8%増)でシェアは4.3%(同2.4%増)となったという。

IDCは、サムスンのシェア減少が0.1%に留まったことについて、3月に発売された最上位機種「Galaxy S7」「Galaxy S7 Edge」が売行好調なほか、低価格帯のスマートフォンの販売も順調としている。またオッポとヴィーヴォのトップ5入りについては、中国市場での端末の平均販売価格が2013年の207ドルから2015年には257ドルまで上昇していることに言及し、250ドル前後の価格帯を主戦場にする両メーカーが成長した可能性があると説明している。

201604281120

【参照情報】
Worldwide Smartphone Growth Goes Flat in the First Quarter as Chinese Vendors Churn the Top 5 Vendor List, According to IDC - IDC
IDC: Smartphone shipments flat for the first time; Samsung widens lead over Apple in Q1 2016 - VentureBeat
Lenovo and Xiaomi no longer among top 5 smartphone makers - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG