独自サービス型SIMは前年比65.5%の急増--MM総研のMVNO市場調査

2016.06.16

Updated by Naohisa Iwamoto on 6月 16, 2016, 06:35 am JST

MM総研は2016年6月15日、国内MVNO市場の2016年3月末実績の調査結果を発表した。いわゆる格安SIMなどの「独自サービス型SIM」は、回線契約数が前年比65.5%と急成長し、539万4000回線にまで増加した。

調査によれば、2016年3月末の国内MVNOの総契約回線数は、4717万回線となり、前年比で54.9%の増加となった。回線種別で見ると、携帯電話(3G/LTE)が1327万回線(シェアは28.1%)、BWA(WiMAXおよびAXGP)が3382万回線(同71.7%)、PHSが8万回線(同0.2%)だった。

独立系MVNO事業者が独自の料金プランで提供する「独自サービス型SIM」は、2015年3月末の326万回線から、539万4000回線へと増加し、一層の市場規模の拡大が数字からも明らかになった。独自サービス型SIMの事業者シェアは、1位がOCN モバイル ONEなどを提供するNTTコミュニケーションズ。2位がIIJmio、BIC SIMなどを提供するインターネットイニシアティブ(IIJ)、以下楽天(楽天モバイル)、U-NEXT(U-mobileなどを)、ビッグローブ(BIGLOBE SIMなど)、ケイ・オプティコム(mineo)と続く。上位6事業者のシェアは合計で60%超に上るという結果だ。個人向けサービスに限定した場合には、IIJがシェアの1位に躍り出るという。

MM総研では、独自サービス型SIMの市場は、今後も拡大すると予測する。個人、法人ともに需要は旺盛で、2017年3月末には820万回線に、2018年3月末には1170万回線へと成長が続くと見ている。

【報道発表資料】
国内MVNO市場規模の推移(2016年3月末)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。