WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Clash Of Clans screenshot

中国テンセント、スーパーセル株式の約84%を86億ドルで取得へ

2016.06.22

Updated by WirelessWire News編集部 on June 22, 2016, 12:55 pm UTC

中国のネット大手テンセント(Tencent Holdings)がつくるグループが、ソフトバンク傘下のゲーム開発元スーパーセル(Supercell)株式の84.3%を86億ドルで取得することが米国時間21日に明らかになった。スーパーセルの評価額は102億ドルで、昨年に比べて2倍弱に増加しているという。

WSJによると、テンセントがこの取引で取得するのは、ソフトバンクが保有する株式約73%およびスーパーセルの従業員らが保有する約11%。なおこの買収は、時価総額が2070億ドルに達するテンセントにとっても過去最大の買収になるという。

「QQ」や「WeChat」などのメッセージング/SNS・サービスで知られているテンセントでは、ゲーム事業を主な収入源としており、WSJなどによると同社の昨年のゲーム事業からの収入は全収入の半分以上にあたる85億ドルに上っていたという。

テンセントは、2011年に人気PCゲーム「League of Legends」で知られるライオットゲームズ(Riot Games)を2億3000万ドルで買収していたが、ゲーム関連収入の大部分は中国国内からのものとされ、スーパーセルの買収を通じて中国以外のユーザーの取り込みを図りたい考えとされている。

2010年創業のスーパーセルは人気ゲーム「Crash of Crans」の開発元として知られ、これまでに「Crash of Crans」「Hay Day」「Boom Beach」「Clsh Royale」という4つのゲームをリリースしている。テンセントによる買収で、同社は「QQ」「WeChat」経由での中国市場進出加速が期待できるという。

ソフトバンクは2013年にスーパーセル株式の51%を15億ドルで取得し、昨年にはこの持ち株比率を73.2%まで引き上げていた。ただし、同社は最近になって資産ポートフォリオの見直しを進めており、先月末には同社が保有するアリババ(Alibaba)株式の一部を売却する計画も明らかにしていた。

【参照情報】
Tencent, Partners to Pay More Than $8 Billion for ‘Clash of Clans’ Maker Supercell - WSJ
Tencent is buying Clash of Clans studio Supercell from SoftBank - The Verge
Tencent buys 'Clash of Clans' maker Supercell from SoftBank - Reuters

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら