WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップル

アップルのユーザーデータ収集に関する新方針が明らかに(Recode報道)

2016.06.27

Updated by WirelessWire News編集部 on June 27, 2016, 13:57 pm UTC

アップル(Apple)が今年秋に投入するiOS新バージョン「iOS 10」で、AI技術を活用した機能を実装する予定であることは既報の通りだが、このために使われるユーザーデータの収集に関して、まずはユーザー側でオプトインしたものだけに限定するなどの方針であることが明らかになった。

この話題を採り上げたRecodeによると、アップルはこの新方針を「iOS 10」および「Mac OS Sierra」から導入する予定で、データ収集についてはユーザーによる承認を得た上で行う考えだという。また「Apple Photo」での画像認識については、独自のアルゴリズムをつかって行い、iCloud上に保存されたユーザーの写真を使う予定はないことなども明らかにされている。

そのほか、アップルはAI関連で収集するるデータについて、まずは「ユーザーが新たに辞書に追加した言葉」、「ユーザーが使った絵文字」、「アプリ内で使用されたディープリンク」、「『notes』内のルックアップヒント」の4つに利用を限る考えも示しているという。

さらに、ユーザーデータにノイズとなるデータを含めることで特定の個人データの同定を難しくする「differential privacy」のアルゴリズムについては、パーソナルアシスタント機能「Siri」でのサービス以外には適用せず、たとえば「iOS 9」で導入された「Proactive」機能(ユーザーの行動を予想して通知などを行うもの)は、「iOS 10」でも端末内に保存されたローカルデータを使って行うことになるという。

【参照情報】
Apple won’t collect your data for its AI services unless you let it - Recode
Apple's differential privacy algorithm will require you to opt-in - Engadget
Apple’s use of differential privacy in iOS 10 to drive AI will be opt-in, limited to four use cases at launch - 9to5 Mac

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら