IoT電球を使って独居老人の見守りを実証、BIGLOBEなど3社が開始

2016.08.26

Updated by Naohisa Iwamoto on 8月 26, 2016, 06:26 am JST

「電球」という生活に密着したモノを使って、IoTの効果的な活用を目指す実証実験が始まる。スマートフォンサービスの開発を手がけるボクシーズ、インターネットサービスプロバイダやMVNO事業を提供するビッグローブ(以下、BIGLOBE)が、介護リフォームなどを手がけるユニバーサルベースの協力の下で実施する。

実験は、ボクシーズが提供する見守りサービス「つながるライト」と、BIGLOBEが提供する法人向け評価用IoTデバイス「BL-01」を組み合わせて行う。

▼IoT電球を使った「つながるライト」と、IoTデバイス「BL-01」による見守りサービス(ビッグローブのニュースリリースより)20160825_biglobe001

つながるライトは、トイレや風呂場の電球をIoT対応電球に変えることで、電気の点灯状況をクラウド上に送信して、生活状況を把握できる見守りサービス。「お風呂の時間にお風呂場のライトが点灯しない」「長時間トイレのライトが点灯しない」といった状況から、IoTを意識することなく異常を検知して、家族などにメールを送信する。

実証実験では、このIoT電球の点灯データを、BIGLOBEのIoTデバイス「BL-01」でクラウドに送信する。BL-01は、IoT電球の点灯、消灯状況を受信するセンサーやインターネットの接続機能を備えており、複数の場所に設置したIoT電球を見守り対象にできる。IoT電球の登録など見守り設定は、点灯させたIoT電球にBL-01を近づけるだけで完了する。

ユニバーサルベースは、これまでに約1万5000世帯の一般家庭に介護リフォームを実施した実績がある。これまでにリフォームを実施済みの独居高齢者宅を対象に、9月上旬以降につながるライトの実証実験を開始する予定だ。

【報道発表資料】
BIGLOBEが提供するIoTデバイスと、ボクシーズのIoT電球を連携させた見守りサービスの実証実験を開始(ビッグローブ)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。