フォードを足掛かりに自動運転分野へのピボットに活路を求めるブラックベリー

2016.11.09

Updated by Hayashi Sakawa on 11月 9, 2016, 09:25 am JST

ブラックベリーというと、スマートフォン関連の話題では最近ではめったに名前を目にすることがなくなった印象があるが、そのブラックベリーが米自動車メーカーのフォードと直接取引する立場になったというニュースが10月末に流れていた。自社の車載情報システム用ソフトウェア「QNX」をベースに自動運転車分野への参入を視野にいれるブラックベリー、そして同分野の技術開発で競合他社に遅れをとるフォードが協力を進めることになったなどと伝えている記事も目立つ。今回はこのニュースを手掛かりに両社の現状などを簡単に整理してみる。

車載システムから自動運転関連へ協力関係を強化

ブラックベリーの発表自体は「これまでパナソニック(Panasonic Automotive )経由で取引のあったフォードに対して今後は直接製品を供給できる立場(tier 1のサプライヤー)になった」という内容のもの。この合意をベースに両社が具体的にどんなことをするつもりなのかなどは明らかにされていないので、その点ではいささか首を傾げるニュースにも感じられる。

それでも、たとえばWSJでは「自動運転機能の調整に役立つものも含めて、自動車メーカーが直面する課題を解決するようなソフトウェアをブラックベリーが開発しようとしている」と記し、またBloombergでも「QNX(企業)は自動運転車用ソフトウェアの可能性を口にしてきているが、この分野はフォードが積極的に投資してきているところ」などと記して、いずれも両社の協力が自動運転関連まで発展する可能性に触れている。

自動運転車開発と共に「脱自動車メーカー」をうたうフォード

グーグルと同様に完全自動運転車の実現を視野にいれるフォードは、今年夏に商用利用=ライドシェアリング用を目的とする自動運転車を2021年までに投入する考えを明らかにしていた。さらに9月なかばからウーバーが始めているピッツバーグでの実験にもフォードの車両が使われていたりもするが、ただしこの場合はどこまでが自社の技術でどこからがウーバーの技術かというのはよくわからない。また自動運転技術の開発と並行して「脱自動車メーカー」の路線を打ち出しており、実際にFord Smart Mobility LLCという子会社をシリコンバレーに設立したりもしている。

ただし、GMのような派手な動き(ベンチャー企業の買収や巨額の投資)といったはいまのところしておらず、またグーグルやウーバーのような公道での走行実験も行なってはいない。WSJやReuters、CNETなどに「他社に遅れをとっている」と書かれているのはそのあたりを指してのことかと考えられる。

実は自動車業界を熟知しているブラックベリー

ブラックベリーが2010年4月に買収していたQNXの車載情報システム用ソフトウェアは、現在40社以上の自動車メーカーに採用され、同システムを搭載した車輌の数はあわせて6000万台にのぼる。Bloombergによると、自社での携帯通信端末の製造もほぼ中止したブラックベリーでは、今後はQNXを牽引役として会社全体の方向転換を行いたい考えだそうで、フォードとの取引がうまく進んだ場合には他の自動車メーカーとも同様の直接取引を行う可能性を視野に入れているという。自動車メーカー側からしても、グーグルやアップルなどに比べれば、業界のやり方を熟知しているはずのブラックベリー=QNXのほうがよほど付き合いやすい相手といえるかもしれない。

人材獲得競争が「国境の向こう側」に飛び火?

ところで、QNXといえば共同創業者のひとりが今年に入ってアップルで働き始めたというニュースが7月下旬に流れ、また10月後半にはアップルがダン・ドッジ(Dan Dodge)氏というこの幹部を核にした開発チームの受け皿となる拠点をオタワ郊外に設けたという話がBloombergで報じられていた。QNXから歩いて5分の距離にあるアップルのこの拠点では、20数名のQNX出身者を含めてすでに何十人かのエンジニアが自動車用OSの開発に携わっているという。

ブラックベリーが左前になりかかった3、4年前には、グーグルがブラックベリーからスマートフォン関連の技術者を引き抜いているといった類の話をよく見かけた覚えがあるが、いまではその対象が自動車分野のエンジニアに変わっている、ということだろうか。

なおこのBloomberg記事中には、ブラックベリーがQNXのOSをベースにした自動運転車用ソフトウェアの開発に取り組んでいることを今年1月に明らかにしていたこと、ならびにQNXによる同ソフトウェアの開発が計画通りに進んでいるといったブラックベリーCOOの発言も引用されている。

【参照情報】
BlackBerry Earns Tier One Supplier Status With Ford - WSJ
BlackBerry, Ford Extend Partnership to Develop Car Software - Bloomberg
BlackBerry in software deal with Ford, first with an automaker - Reuters
BlackBerry's QNX paving the way for Ford's autonomous cars - CNET
Meet the new Ford, a Silicon Valley software company - The Verge
Apple Said to Develop Car Operating System in BlackBerry Country - Bloomberg
Alphabet, Fiat Chrysler in Self-Driving Cars Deal - WSJ
アップル、自動車開発プロジェクトでQNX創業者を採用 (Bloomberg報道)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED NEWS