WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

視線 イメージ

④視線の流れを意識する -負荷の少ない図の作り方

2017.03.08

Updated by Hiroshi Imaizumi on March 8, 2017, 06:00 am UTC

我々が画面を見るとき、どこを最初に見、どのような方向に目線を動かすかは縦書き文化・横書き文化によって2つに分かれる。縦書きの場合は右上から左下へ、横書きの場合は左上から右下へと進む。このように人間の視線には自然な癖があり、それにマッチした流れで図を配置することで、処理負荷を少なくし、素早い理解を促すことが出来る。

---
武蔵野美術大学 教授 今泉洋の語る「価値創造プロセスを革新するための手法」#4
2015年12月22日(火)19:00~21:30
武蔵野美術大学・デザイン情報学科 教授
今泉 洋(いまいずみ ひろし)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

今泉 洋(いまいずみ・ひろし)

1951年生まれ。武蔵野美術大学デザイン情報学科教授。武蔵野美術大学建築学科卒業後、建築の道を歩まず、雑誌や放送などのメディアビジネスに携わり、'80年代に米国でパーソナルコンピュータとネットワークの黎明期を体験。帰国後、出版社でネットワークサービスの運営などをてがける。その後、フリーランスとなり'99年デザイン情報学科創設とともに着任。新たな表現や創造的コラボレーションを可能にする学習の「場」実現に向け活動している。