東京スカイツリー イメージ

東京スカイツリーで5G体験、東武鉄道とドコモが5Gトライアルサイト開始

2017.05.23

Updated by Naohisa Iwamoto on 5月 23, 2017, 06:25 am JST

2020年の商用サービス開始を目指す5G(第5世代移動体通信方式)の、一般客も体験できるフィールドにおけるトライアルが始まる。東武鉄道とNTTドコモが、東京スカイツリータウンの来場者に向けた「5Gトライアルサイト」を2017年5月22日に開始したのだ。

5Gトライアルサイトの第一弾は、5月22日に実施した8Kライブ映像配信。5Gの試験電波を使って配信するもので、両社によれば世界で初めてのことだという。地上約350mの東京スカイツリーの展望デッキから8Kのライブ映像を5Gの試験電波を使って配信し、再生することに成功した。

同じく5月22日に開始したのが、6台の4Kカメラを使った180度ライブ映像配信。東京スカイツリーの展望デッキの180度ライブ映像を、リアルタイムで東京ソラマチ イーストヤード1階に設置した大型液晶ビジョン3面に映し出す。5Gの高速・大容量通信の特徴を体験できるデモで、5月28日まで実施する。

このほか、東武鉄道の新型特急車両「リバティ」の車内では、運転席で事前に撮影した4K映像を8台のタブレット端末で同時に再生するデモも実施した。5Gの特徴である多数端末接続を具体化したものだ。さらに7月1日から8月31日にかけては、リバティの乗客に対して無料公衆無線LANサービス「TOBU FREE Wi-Fi」の通信環境の下で、雑誌が読み放題になる「dマガジン for Biz」サービスと、観光パンフレットなどの情報を閲覧できる「ささっとパンフ」サービスをそれぞれ提供する実証実験を行う。

この発表に先立ち、NTTドコモは、総務省の「5G総合実証試験」(第5世代移動通信方式の実現による新たな市場の創出に向けた総合的な実証試験)の実施主体に選定され、東武鉄道を含む17の自治体、企業、大学などと協力して試験を順次実施していくことをアナウンスしている。その試験環境としてはドコモが構築する5Gトライアルサイトを活用することが想定されており、東京スカイツリー周辺エリアの5Gトライアルサイトもその1つの実施場所に含まれる。5G総合実証試験では「エンターテインメント」「スマートシティ/スマートエリア」「医療」の3つの応用分野で5Gの実証実験を行う予定だ。

【報道発表資料】
「5Gトライアルサイト」開始について
総務省「5G総合実証試験」の推進及び協力体制の構築

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。